お墓参りと仏事の知識や墓所管理のことならトミタ

お墓参りと仏事のblog 最新記事

2019年1月15日最新情報
日朗聖人 第七百遠忌
2019年1月11日最新情報
平成31年 平成最後の節分追儺式    福男・福女を募集中
2019年1月6日日々雑感
大正月と小正月
2018年12月28日最新情報
平成31年 新春初詣のご案内
2018年12月23日現代終活考
葬儀一式10万円也

燭台(しょくだい)とは

syokudai001

『燭台(しょくだい)』はロウソクを立てて、灯をともすもので、『火立』や『灯明(とうみょう)』ともいいます。

これに『花立て』、『香炉』を加えて、三具足といい、荘厳するために最低限必要な仏具とされています。

配置は、仏壇前に置かれる経机や前卓と言う小台の上に、正面から見て右側に配置します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

常花(じょうか)・瓔珞(ようらく)とは

jyouka001

『常花(じょうか)』は、蓮華を模った造花のことです。

永遠に咲き続ける枯れない花(画像矢印の囲み枠線内)を意味します。

色は、最高の蓮華と言う意味で、ほとんどの場合は金色なのですが、宗派によってはその色が、青色の場合や、赤色である場合もあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

仏壇の手入れの仕方

butsudanoteire001

『仏壇』のお手入れはとても重要です。

比較的に高額な仏壇を長く使っていくことに影響があります。

仏壇は木製で主に漆塗りや金箔、金具で構成されています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

三具足(みつぐそく)と五具足(ごぐそく)

具足には「足りて具わっている」という意味があります。

『三具足(みつぐそく)』と『五具足(ごぐそく)』とは、宗派は関係なく、荘厳するために最低限必要な仏具のことを指します。

三具足とは以下に示す、『花立て』、『香炉』、『燭台』の三点のことを表します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年7月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

香炉(こうろ)とは

kouro002

『香炉(こうろ)』は、香を焚くための道具です。

三具足の内のひとつで、経机や前卓の中心に配置します。

三具足での配置は『香炉』の左側は『花立て』、右側は『燭台』になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年7月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ