お墓参りと仏事の知識や墓所管理のことならトミタ

お墓参りと仏事のblog 最新記事

2018年9月20日最新情報
お彼岸にしていけないこと
2018年9月16日日々雑感
敬老の日
2018年9月9日商品のご紹介
『精進うめ』~秋の池上梅園へ
2018年9月3日日々雑感
お山で人生相談
2018年8月23日最新情報
仏教文化講座 ~ 自分の手による写仏・仏画を

仏具の配置

butsuguhaichi001

仏具の各配置については、それぞれ個別に別項で説明を終えていますので、ここでは配置について、具体的におさらいをしましょう。

統一性の無い仏具の配置は、心の落ち着きを何となく乱してしまいます。

仏具の材質など大きさを仏壇に合った統一性のある物にし、荘厳した配置を心掛けます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

灯篭(とうろう)とは

tourou001

灯篭(とうろう)、といっても様々な形状とその用途があります。

仏壇の天井部分から左右一体で吊り下げて、中を照らすのも『灯篭(とうろう)』の役目です。

吊灯篭、隠元灯篭とも言われます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

打敷(うちしき)

『打敷(うちしき)』とは、仏壇の中に敷く敷物のことを言います。

宗派によってその形状はまちまちで、三角系のものや、長方形のものがありますが、普段は使うことが無い特殊な利用以外には使用用途が無い敷物であることは、見た目で容易に理解できると思います。

打敷を飾る場面というものは、お盆やお彼岸、お正月、法要などのときに限られ特別な日のときの「仏壇の正装」といった意味合いの物だと理解しましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事用語

燭台(しょくだい)とは

syokudai001

『燭台(しょくだい)』はロウソクを立てて、灯をともすもので、『火立』や『灯明(とうみょう)』ともいいます。

これに『花立て』、『香炉』を加えて、三具足といい、荘厳するために最低限必要な仏具とされています。

配置は、仏壇前に置かれる経机や前卓と言う小台の上に、正面から見て右側に配置します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

常花(じょうか)・瓔珞(ようらく)とは

jyouka001

『常花(じょうか)』は、蓮華を模った造花のことです。

永遠に咲き続ける枯れない花(画像矢印の囲み枠線内)を意味します。

色は、最高の蓮華と言う意味で、ほとんどの場合は金色なのですが、宗派によってはその色が、青色の場合や、赤色である場合もあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ