お墓参りと仏事の知識や墓所管理のことならトミタ

お墓参りと仏事のblog 最新記事

2019年3月24日最新情報
こぞうくん
2019年3月20日日々雑感
道祖神
2019年3月11日最新情報
2019年 春のお彼岸
2019年3月3日日々雑感
馬頭観音
2019年2月22日日々雑感
春のお餅

仏具の種類と名称

butsugu004
仏具の種類・名称にはどのようなものがあるのでしょう。

仏具を飾るために必ず仏壇そのものが必要です。

仏壇の他に必要なものを列挙すると、『御本尊』、『位牌』、『香炉』、『燭台』、『花立て』、『鈴』、『鈴棒』、『鈴台』、『供物を乗せる高杯』、『御飯を供えるための仏飯器』、『茶湯を供える茶湯器』、『線香立て』などなど、数え切れないほどあります。

それ以外にも、『吊灯籠』、『マッチ消し』、『瓔珞(ようらく)』、『木魚(もくぎょ)』、『仏膳(ぶつぜん)』、『過去帳』、『見台(けんだい)』、『数珠』、『念珠』などもあります。

仏壇に仏具を飾ることを荘厳といいます。

荘厳とは、サンスクリット語で「見事に配置されていること」を意味します。

供える仏具は、宗派によってかなりの違いがある場合があります。

初めて買う場合は、何も解らないはずですので、檀家になるお寺に信頼のおける仏具店を紹介してもらい、相談をしながら購入すれば、大きな失敗はないはずです。

仏具・仏壇は種類だけでなく、その素材も本当にさまざまで、バラエティに富んでいます。

木製、銅製、陶器、繊維、樹脂などでできていて、素材によって価格も相当に変化します。

あたり前のことですが、仏具をしまう仏壇の大きさに適した仏具を買わなければなりません。

大きさがちぐはぐな感じであると仏壇内の統一感が失われ、供養の儀式を行っている厳かな感じが立ち消えて、美しくありません。

見事に荘厳したと言える仏壇を作り上げることができれば、御先祖様や故人に対しての供養という点で、自身の心が満たされると思います。

タグ

2012年1月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

仏具を購入する際のポイント

仏具にはたくさんの種類があり、その値段も千差万別です。

仏具を購入する際に重要な点は、自分の宗派の家庭の事情に合った物であるかという一点に尽きます。

特に購入するときには、自分の家に実際に配置したとき、不自然にならない仏具・仏壇を購入します。

住居に合わないあまりに立派な仏壇を購入して、非常に不自然な感じになってしまってはあまり、良いものではありません。

仏壇を何処に配置するのかということも考えなくてはいけません。

最初に、仏壇を何処に配置するかを考え配置するスペースやサイズを確認します。

初めて仏具をそろえる場合、最初は仏壇とセットで購入することになると思います。

やはり、自分の檀家の僧侶などに、まずは一度、詳しく相談すると危険が少ないのではないかと思います。

仏具店の担当者が信頼のおける人物であるのならば、そちらに尋ねてみるのもいいかもしれません。

値段は本当に、安いものから物凄く高級なものまで非常にさまざまで、どれを選んだらいいのか相当、悩むことになると思います。

仏壇そのものは、普通は人の集まる居間やお客を通す部屋などに置くのが普通です。

ほとんどが木造なので、湿気の高い場所はあまり適しませんし、直射日光が絶えず当たる場所では、あまり良くはありません。

もし、神棚などがある場合は、仏壇と神棚を相対しないようにも配慮が必要になります。

どのように仏具を配置するのかということは、宗教によって違うのはあたり前です。

やはり、お寺ないし、仏具販売店に確認を取りましょう。

タグ

2012年1月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

仏壇の開眼供養(かいげんくよう)

kaigenkuyou001

『開眼供養(かいげんくよう)』とは、僧侶の手によってお墓・仏壇などに魂を入れる儀式のことをいいます。

ほかに『開眼法要(かいげんほうよう)』、『お魂入れ(たましいいれ)』や『入魂式』などと呼ばれますが、意味は同じです。

お墓や位牌、仏壇に魂を入れることをいいます。

この投稿の続きを読む »

タグ

近年のお墓参り事情

ohakamairi005

近年のお墓参り事情はどのようになっているのでしょう。

最近は、埋葬方法も墓に納めるだけには留まらず、様々な方法が取られる場合があります。

遺骨を海や山にまく散骨、墓地としての許可を得た山中に埋葬し墓標の代わりに木を植える樹木葬。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年1月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

神式でのお墓参り

shinto001

神道におけるお墓参りは、仏式とはどのような違いがあるのでしょう。

ます、神道ではお墓のことを『奥都城(おくつき)』と呼びます。

神道では、死を穢れとして扱うので、神社自体は墓を所得しないのが普通ですので、公営か民営の墓地を利用します。

仏教とは微妙に違う時期のサイクルで、法要がありますので注意が必要です。

例えば、故人の祥月命日に行う『式年祭』(一年祭・三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭、三十年祭・五十年祭・百年祭)を中心に、春秋のお彼岸やお盆にお墓参りをするようになっています。

墓地の掃除は、仏式の掃除のやり方と、全然、変わりません。

はっきりとした決まりはないものの、命日や式年祭にお墓参りやお墓掃除を行うケースがほとんどではないかと思います。

何度も重複しますが、ゴミや落ち葉、雑草を取り除き、墓地内を清掃します。

供え物は水、洗米、塩、御神酒、それに加えて故人の好物を供えてもいいでしょう。

花立てには花は供えなません。代わりに、榊(さかき)を花立てに飾ります。

仏式でのお墓参りと決定的に違うのは、神式のお墓参りでは線香を使わないと言うことです。

礼拝のやり方も仏式とは大幅に違いがあります。

まずは、深く一礼をして一度、拍手を打ちます。

つぎに二礼・二拍手・一礼を順番に行い礼拝を行います。

仏教における忍び手とは違うので、パン、パンと音を立てて打ってかまいません。

以上が、神式によるお墓参りの大まかな流れになりますので参考程度にしておきましょう。

タグ

2011年12月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

このページの先頭へ