お墓参りと仏事の知識や墓所管理のことならトミタ

お墓参りと仏事のblog 最新記事

2018年5月18日日々雑感
月刊 池上
2018年5月9日最新情報
伊豆法難会 2018
2018年5月2日日々雑感
曼荼羅とは
2018年4月27日商品のご紹介
真鍮の花立
2018年4月23日最新情報
池上本門寺 法華経千部読誦会

鈴(りん)・鈴棒(ばち)・鈴台(りんだい)

rindai001

『鈴(りん、おりん、とも呼ぶ)』は、『鈴台(りんだい)』の上の敷いた『鈴布団』の上に乗せて、『鈴棒(撥(ばち)、倍(ばい)とも呼ばれる)』でふちを叩き、鳴らします。

基本的に鈴は、鉢状の形をしています。

『高台りん』と言われる金属製の足と一体化しているものもありまし、『印金』と呼ばれる小型の鈴に布団と柄の付いた携帯用のものまであります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

仏具の配置

butsuguhaichi001

仏具の各配置については、それぞれ個別に別項で説明を終えていますので、ここでは配置について、具体的におさらいをしましょう。

統一性の無い仏具の配置は、心の落ち着きを何となく乱してしまいます。

仏具の材質など大きさを仏壇に合った統一性のある物にし、荘厳した配置を心掛けます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

灯篭(とうろう)とは

tourou001

灯篭(とうろう)、といっても様々な形状とその用途があります。

仏壇の天井部分から左右一体で吊り下げて、中を照らすのも『灯篭(とうろう)』の役目です。

吊灯篭、隠元灯篭とも言われます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

打敷(うちしき)

『打敷(うちしき)』とは、仏壇の中に敷く敷物のことを言います。

宗派によってその形状はまちまちで、三角系のものや、長方形のものがありますが、普段は使うことが無い特殊な利用以外には使用用途が無い敷物であることは、見た目で容易に理解できると思います。

打敷を飾る場面というものは、お盆やお彼岸、お正月、法要などのときに限られ特別な日のときの「仏壇の正装」といった意味合いの物だと理解しましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事用語

燭台(しょくだい)とは

syokudai001

『燭台(しょくだい)』はロウソクを立てて、灯をともすもので、『火立』や『灯明(とうみょう)』ともいいます。

これに『花立て』、『香炉』を加えて、三具足といい、荘厳するために最低限必要な仏具とされています。

配置は、仏壇前に置かれる経机や前卓と言う小台の上に、正面から見て右側に配置します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ