お墓参りと仏事の知識や墓所管理のことならトミタ

お墓参りと仏事のblog 最新記事

2018年10月14日日々雑感
いただきます
2018年10月9日最新情報
第737遠忌「御会式」
2018年10月3日最新情報
洗心道場
2018年9月20日お墓参り
お彼岸にしていけないこと
2018年9月16日日々雑感
敬老の日

数珠とは何か?

ojyuzu001

数珠とは、108個の珠が二重に重なり、ふさや飾り玉が付いているものが正式なもので、ひとつひとつが人間の煩悩を表していると言われています。

近年では、もう少し珠の数が少ない、略式の数珠がよく用いられるようになっています。

宗派によって、やはり異なりますが、現在では54個、36個、27個といった少ない数の数珠がよく使われていて、特に数に決まりはありません。

一般的には一重の略式の数珠が使われています。

男性用の数珠は比較的に大きく、女性用の数珠は小さく作られます。

数珠を持っていないとお墓参りができない、ということはありません。

しかし、数珠をきちんと持って合掌するのが正式なので持参するのがマナーでしょう

数珠は持っているだけで魔除けや厄除け、さらには福があるとされています。

数珠は葬式や法事などには欠かせない仏具のひとつなので必ず、一人に一つは持ちましょう。

また、厳密な宗派の違いによる珠の素材の決まりもないので、好きなものを選んでよいでしょう。

菩提樹の実などが使われることが多いです。

菩提樹の木の元で仏様が悟りを啓いたのが由来のようです。

木の実系の数珠は、時間が経つと光沢などが増してきます。

紫檀や黒檀などの銘木の数珠もあります。

宝石でできた数珠などもあります。

水晶で作られた数珠は代表的な数珠であり、仏教で言う七宝のひとつに数えられています。

どんな素材の数珠でも使ったあとは、やわらかい布などで軽く拭いて磨いておきます。

薬品なども使ってもいいですが、変色などしないように注意が必要です。

使用しない場合は桐箱や仏壇などに保管しておきます。

タグ

2011年12月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

数珠の持ち方について

jyuzu005

数珠の持ち方については、数珠の形や宗派によって異なります。

使わないときは、ふさを下にして左手で持ちます。

座っているときは、左手首に掛けて、歩く場合は、ふさを下にして左手で持ちましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

五輪塔

五輪塔とは、鎌倉・室町時代、早くても平安中期、確実なところでは平安後期に最も建てられた種類の独自の特徴をもつ墓石のことです。

鎌倉時代には、その形が完成されて供養塔やお墓として宗教とは関係なく、無くなった人を成仏、往生させるお墓と言われています。

時代によって、古代型(鎌倉型)、近代型等に大別されます。

この投稿の続きを読む »

タグ

卒塔婆(そとうば)

sotouba001

卒塔婆(そとうば)とは、お墓の背面部分の卒塔婆立てに建てる木材のことです。

地域によっては(そとうば)を(とうば)とも呼びます。

卒塔婆は、サンスクリット語でstub(ストゥーパ)が語源です。

この投稿の続きを読む »

タグ

灯籠

tourou001
灯籠とは、幾つかの説がありますのではっきりとしたことは解りませんが、一つは墓地やお寺、神社などの入り口付近に建てることで、闇を照らし、魔を防ぐため、と伝えられています。

墓地の場合は、ご先祖様の道灯りとして神仏へ導いてくれるとも伝えられています。

『灯明供養』という言葉があります。

智慧の光をあらわす灯明そのものが功徳に繋がるということらしいです。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ