イメージ画像

死化粧と死装束

shinishouzoku001

死化粧・死装束とは、故人に施す化粧のことです。

以前に映画の題材になり、当時は少しだけ話題にもなった死化粧や死装束には、どんな意味がこめられているのでしょうか。

女性が行う化粧というよりは、身だしなみを整えるという意味合いが強いです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年9月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

納棺

noukan001

納棺とは、亡くなった方を棺に納めることを指します。

現在では葬儀社が納棺に関するいっさいを引き受けてくれますが、以前は通夜の前に家族、親族が集まり皆で亡くなった方を身支度させました。

現在でこそ、死装束は、故人の生前に好きだった衣装などを着せますが、以前はあの世に旅立つ旅支度として、経帷子(きょうかたびら)に手甲(てっこう)、脚袢(きゃはん)、白足袋(しろたび)と草鞋(わらじ)を左右逆にはかせ、六文銭を頭蛇袋(ずだぶくろ)に入れました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏事用語

1 / 11

このページの先頭へ