イメージ画像

お墓と著作権

bosekinichosakuken

現代では、様々な形式のお墓が建てられ、先祖代々の墓に入らず『墓友』と一緒に「共同墓」や「合同墓」に入ったり、亡くなったら「自然に帰りたい」と墓石が木の代わりになる「樹木葬」や海や山に砕いた「御骨」を撒く「散骨」も珍しくありません。

もちろん、ここ池上本門寺にも合祀墓はあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

樹木葬

jyumokusou001

火葬の後、骨壷におさめ四十九日の法要後にお墓に納骨する、というのが一般的ですが最近はお墓には入らず散骨をしたり、遺骨すら残さない、といった希望をされる方もいます。

そういった多種多様な新しい埋葬法の選択肢のひとつとして「樹木葬」があります。

樹木葬とは、埋葬の出来る霊園や墓地の敷地の中で遺骨を埋葬し木々を目印として、その近くの土にそのまま埋葬するといった方法です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

自然葬

shizensoe001

自然葬とは、所謂「散骨」とも呼ばれているものです。

自然葬は、海や山へ遺灰を撒くことをいいますが、いわば本当に「自然に還る」ということになるのではないかと感じられます。

昔は、自然葬は違法だと思われていました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年1月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

様々な埋葬法

maisohoho001

火葬後、埋葬許可証が発行されます。

この埋葬許可証が発行されれば、墓地に遺骨を埋葬することができますが、必ずしも埋葬=墓地へ納骨、しなければならない訳ではありません。

火葬後、○○日以内に埋葬しなければいけない、という法律はありませんので、いつまでも自分の手元に置いておく事も可能なのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年12月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

散骨という選択

sankotsu001

ご自分の死後、お墓に入らずに散骨を希望される方のご相談が徐々に増えてきています。

それでは実際に、散骨を希望される場合、まず何をしたら良いのでしょうか。

専門の業者に依頼する場合と、業者には頼まず個人的に散骨を行う場合の2つの選択肢があります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年11月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

1 / 3123

このページの先頭へ