イメージ画像

お墓参りのマナーと作法 その2

ohakamairinomannor001

お墓参りには、遠方にある方なら年に1回、多くても数回程度の方がほとんどでしょう。

お墓参りに行くタイミングは人それぞれですが、一般的なのは春秋のお彼岸、お盆、命日、正月、年忌法要の時などです。

他にも、結婚や出産報告、受験や就職など人生の節目を報告するためにお墓参りに行くこともあるでしょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓参り

納骨式の流れ

noukotsu_nagare001

四十九日の供養が終わるといよいよ納骨を迎えます。

地域やお墓のあるお寺によっても違いはありますが、納骨式の当日には納骨をした後に参加をした皆で会食をするのが一般的です。

納骨式の当日の流れは、まずは施主の挨拶です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

お墓のカラス

ohakanokaras001

昔から、カラスは不吉だと言われてきました。

カラスが変な泣き方をしていたり、近所の家の屋根の家に大量に集まっていたら、「あ、もしかしたら・・・」と不吉な予感が胸に広がったりします。

カラスが変な鳴き方をすると人が死ぬ・・・といった迷信は昔から言われてきました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年1月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

開眼式とは

お墓を建てた後に仏式の場合であれば「開眼式」を開きますが、そもそも開眼式とは何でしょうか?

開眼式とは、新しくつくった仏像などに「眼」を入れることを指して「開眼供養」、「開眼法要」といいます。

つまり開眼供養とは、呼んで字のごとく、仏像に墨などで眼を書くことによって、彫刻の仏像に魂が宿り仏様になる、という意味です。

この投稿の続きを読む »

タグ

お墓参りの時間帯

ohakamairi009

お墓参りに最適な時間帯ってあると思いますか?

実は、特に決まってはいません。

午前中などの早い時間帯でなくとも、お昼を過ぎた午後でも特に問題はありません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年10月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

1 / 11

このページの先頭へ