イメージ画像

池上本門寺の終活相談会

今や日々どう生きるかと同等に、自分の人生をどう閉じるかが問われる時代になりました。

人は生まれたからには、もれなく死にます。

その際に、周囲の人にできるだけ迷惑をかけたくない。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

盂蘭盆施餓鬼会法要がはじまります

7月7日午後2時より、池上本門寺本殿において、盂蘭盆施餓鬼会法要が営まれます。

参列する檀信徒の方々と共に読誦唱題を捧げます。

これは、各家先祖代々の霊、新盆の霊(お盆までに、四九日が過ぎた故人が盆棚に乗れると言われています)、戦争災害・交通事故等殉難の霊、法界万霊に供養の心を捧げるものです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2017年7月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

お墓と著作権

bosekinichosakuken

現代では、様々な形式のお墓が建てられ、先祖代々の墓に入らず『墓友』と一緒に「共同墓」や「合同墓」に入ったり、亡くなったら「自然に帰りたい」と墓石が木の代わりになる「樹木葬」や海や山に砕いた「御骨」を撒く「散骨」も珍しくありません。

もちろん、ここ池上本門寺にも合祀墓はあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

ペットの埋葬

petnomaiso001

ペット愛好家の皆様にとって、家族の一員として長年過ごしてきたペットが亡くなってしまったときに、家族の墓へ一緒に埋葬したい、と思われるのは至って自然なことです。

一昔前までは、ペットが亡くなってしまったときには、泣きながら家の庭先などに埋葬するか、自治団体に相談のうえ何らかの対処をしてもらうか、ということがほとんどだったと思います。

日本では、ペットと一緒にお墓に埋葬されることに関しては、法律的な問題は特にありません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年5月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

法要(ほうよう)

houyou001

法要(ほうよう)は、故人の冥福を祈り供養する「儀式」のことを指します。

ちなみに法事(ほうじ)は、法要とそのほかの食事会まで含めた「行事」のことを指します。

まずは、忌明けまでの中陰法要(ちゅういんほうよう)を見ていきましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏事用語

1 / 3123

このページの先頭へ