イメージ画像

僧侶との関係

筆者の住まいの近くに総合病院があります。

その病院の3階の特別室から、古刹と言われるお寺の本堂、角度によっては墓地まで見えます。

その病院が建った時、開院前の内覧会で、「病院からお寺が近いっていうのもどうかと思う。特別室からの景色がお寺だなんて」という声もでたそうです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2019年2月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

ご先祖様を知る

※画像はイメージです

あなたにとって、「ご先祖様」とは誰を差しますか。

大抵の人が、仏壇の「〇〇家先祖代々」と書かれている位牌に属する漠然とした人たち、というところでしょうか。

少子高齢化になり、核家族も珍しくはない時代で、小学生は、自分の祖父母すら誰かわからない状態になっています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2019年1月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

骨が土に還る

元来、日本では土葬でした。

死んだ身体は、土に生存するバクテリアの作用などによって、より土に近くなり、長い時間をかけて土に還っていきます。

それは人間だけが特別ではなく、野に咲く花も空を飛ぶ鳥も同じように土に還ると言うことです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018年12月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

お山で人生相談

昨今は、インターネットという手段を用いて、自分の守護霊探しに出たり、先祖供養もされておられる方々もいらっしゃるようです。

そこでは現状の自分の困りごとも、先祖が起こしたもの、あるいは霊現象なのでは?、と捉える方々もいらっしゃるようです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

それって、法号?法名?戒名?

ざっくり言いますと、日蓮宗が『法号(ほうごう)』です。

浄土真宗が『法名』、その他が『戒名』といいます。

ただ、曹洞宗の修行を積んだはずの和尚さんですら「法名をもらいにいらっしゃい」と亡くなったばかりで言ったりするので、私たちの中では、「法名」と「戒名」はごっちゃになって毅然と区別されていないのかもしれません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ