イメージ画像

礼服と喪服の違い

reifuku_mofuku001

いわゆる礼服と言われるものは、冠婚葬祭の全てに着用することが出来る服です。

喪服は、礼服の中の冠婚葬祭の『葬』である弔事用で礼服は慶事用ということです。

礼服も喪服も一見は同じ黒であるのことには変わりがありませんので違いがあるのか疑問に感じる方もいることでしょう。

女性が着用する着物については、違いというものはありませんが喪服としての着物は無地に家紋のみというのが一般的です。

洋服については、葬儀などは光沢のないものを選び、逆に結婚式などには光沢のある華やかなものを選びます。

結婚式に光沢のない黒の洋服を着ていくことはマナー違反ではありませんが、お葬式を連想されるために敬遠されています。

男性の洋服については、冠婚葬祭どれでも着用できるものです。

ネクタイの色を黒と白を変えるだけで問題ありませんが、ひとつ注意して欲しいことは、喪服として売られているものには薄い黒色のものもあります。

そういったものは弔事用ですので慶事用としては使用できません。

一般的に、金額の高いものほど黒が濃く仕上げてありますので男性が冠婚葬祭のどれでも着用できる洋服を用意する場合には、多少の初期費用は必要かもしれません。

同じ黒でも、その目的や与えたい印象が違うため、礼服と喪服で分けられているのです。

同じ黒でしょう?と兼用にしてしまっては、実はマナー違反をしてしまっている場合もあるかもしれません。

最低限のマナーとして、その場に合った服装を選ぶようにしたいものです。

タグ

2015年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

弔電のマナー

choden-oreijyo001

告別式に一度でも参列した方でしたら分かるかと思いますが、当日に参列できなかった方から弔意を示す電報をいただくことがあり、それを弔電と言います。

参列された方には、香典返しなりに礼状を添えていますし、また挨拶をしたり直接にお礼を言う機会がありますが弔電をいただいた方へのお返しには御礼状を送る必要があります。

参列したいただいた方へのお礼状とは別のものを用意しますので混同しないようにしましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

形見分けの時期

katamiwake002

故人の残したものを形見として分けることが形見分けです。

遺産や財産とは違いますので、厳密な法的な規定というものはありませんがトラブルが起こることもありますので、その注意点なども知っておくと良いでしょう。

形見分けは家族や親族だけではなく故人が生前に親しくしていた友人や、またお世話になった方が亡くなった際には形見分けをして欲しいと希望される方がいるなど、故人の使用していた愛用品などを分けることで思い出を残しておくものためです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年4月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

お悔やみを手紙で伝える

okuyaminotegami001

訃報の知らせを聞き、やむを得ない理由で参列できなかった際や、後日亡くなったことを知った時などにはお悔やみを伝える手紙を書くようにしましょう。

お悔やみの手紙は、出来れば初七日までに出すのが良いとされています。

しかし最近では、家族のみで葬儀を行う方が増えているので葬儀の後に連絡を受けた場合や、喪中はがきで初めて知るようなこともあるかと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

喪中について その2

mochu001

年末年始はお歳暮や年賀状などといった季節の挨拶が多いですが、もし喪中であったり四十九日を迎えていない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

自分が喪中の場合、相手が喪中の場合とで注意したい点がそれぞれにいくつかあります。

お歳暮やお中元はお祝い事ではなく、日頃の感謝を品物として伝えるものですので特に控えたほうが良いということはありません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ