イメージ画像

喪中について その1

monifukus001

喪に服することを服喪期間といい喪中ともいいますが、服喪期間は故人と自分の関係によって期間が異なるのをご存じですか。

一般的に言われる服喪期間は、父母、義父、義母の場合は12か月から13か月です。

子供の場合は3か月から6か月。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年2月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

末期の告知

家族が生死に関わる病気におかされてしまった場合。

家族がその事を知らない場合に、心を悩ませるのが「告知」についてです。

病名の告知をするのは主治医が主です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年1月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

末期の苦しみ

matsugonokurushimi001

誰もが最期に迎えなければならないもの、それは「死」です。

全ての方が死亡率は100パーセント。たくさんの方にたくさんの人生がありますが、誰もが〝死ななければならない〟のは、揺るがない事実です。

しかし、意外にも私たちは「死」を特別なものだと考えています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

末期の看病

matsugokanbyo001

末期の家族を抱えているご家族は苦労が耐えないものです。

末期の場合は、病におかされて人が変わった様になってしまう方も割合たくさんいらっしゃいます。

末期の方には、その方にしかわからない恐怖や苦しみ、そして痛みと戦っていらっしゃいます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年1月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

臓器提供者の葬儀

日本では、臓器提供の事例は諸外国と比べてとても少なく、臓器提供者の葬儀についての前例があまりないのが実情のようです。

臓器提供については、まだまだ賛否両論あるのが実情ですし、色々な意見が活発にあるのは、生と死を考えたり感じたりするためには、とても良いことだと思います。

現在では、被保険者証の裏側に臓器提供の意思を表示する欄がもうけられています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年12月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ