イメージ画像

婚約中の葬儀

konyakuchu001

夏、真っ盛りです。

皆様、体調管理には十分ご留意なさってください。

さて今回は、婚約中の相手方の近親者が突然お亡くなりになられた場合、どのように対応すれば良いのか??について、触れてみたいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年8月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

自然葬

shizensoe001

自然葬とは、所謂「散骨」とも呼ばれているものです。

自然葬は、海や山へ遺灰を撒くことをいいますが、いわば本当に「自然に還る」ということになるのではないかと感じられます。

昔は、自然葬は違法だと思われていました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年1月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

花火葬

hanabisou001

葬儀の形は、ここ日本でも時代と共に変化し続けていますが、それが国も違いとなると驚くようなものも多々あります。

イギリスでは、なんと花火を打ち上げる葬儀というものがあります。

花火を打ち上げる?お悔やみの意味をこめて天にめがけてという意味なのかな?と思いますが、そうではなくなんと遺灰を花火の火薬に混ぜて打ち上げるというものなのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年11月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

お通夜の時間帯

otsuyanojikan001

一般的に、「お通夜」は何時に始まり、何時に終わるものなのでしょうか。

本来の通夜は、近親者のみが故人を一晩かけて弔うものでしたので、遅い時間に始まるものでした。

しかし葬儀は昼間に行うものなので、どうしても仕事の都合で参列できない方が通夜に参加することも増えてきました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年10月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

通夜と葬儀

tsuya&sougi001

通夜、葬儀についてどちらにも参列した経験がある方は、実際に行ってみて読経や焼香など行っていることは同じように感じるのにどうして2通りの呼び名と2回に分けて行うのか不思議に思ったことはありませんか?

通夜と葬儀には、違いがあります。

本来、通夜とは故人と生前に親しかった人が夜を通して故人についての思い出などを語り合うことからその由来がきています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

1 / 9123456789

このページの先頭へ