イメージ画像

シリーズ~お墓は、誰が継ぐ? その3

とあるお宅が、お墓の改葬をしました。

今の時代、墓じまいや改葬自体、さほど珍しいことではありません。

しかし、これはとても切実で、必要に迫られ、やむなく40年越しで改葬に踏み切られたケースです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2019年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

シリーズ~お墓は、誰が継ぐ? その2


※画像はイメージです

現代では、人は縁で結婚するのではなく、好きで結婚することの割合が多いのではないかと思います。

その昔は、一生添い遂げる、若くして伴侶が亡くなった場合でも、縁伝いに嫁ぐ、あるいは、もらう(兄嫁を、弟が娶るとか)ケースなども珍しいことではなかったのだと、祖父母から聞いたことがあります。

今は、相手が嫌いになったら、我慢はしないで離婚を選択し、また好きな人ができたら再婚をする。

この投稿の続きを読む »

タグ

2019年5月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

シリーズ~お墓は、誰が継ぐ? その1

※画像はイメージです

2019年も無事にお彼岸が過ぎ、巷では専ら改元の話題でもちきりであります。

どのような元号となるかは、4月1日の正午には明らかにされるとのことですので、静かに見守りたいと思います。

さて今回は、あらためて「お墓の継承」について考えてまいりたいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2019年3月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

お墓と著作権

bosekinichosakuken

現代では、様々な形式のお墓が建てられ、先祖代々の墓に入らず『墓友』と一緒に「共同墓」や「合同墓」に入ったり、亡くなったら「自然に帰りたい」と墓石が木の代わりになる「樹木葬」や海や山に砕いた「御骨」を撒く「散骨」も珍しくありません。

もちろん、ここ池上本門寺にも合祀墓はあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

ペットの埋葬

petnomaiso001

ペット愛好家の皆様にとって、家族の一員として長年過ごしてきたペットが亡くなってしまったときに、家族の墓へ一緒に埋葬したい、と思われるのは至って自然なことです。

一昔前までは、ペットが亡くなってしまったときには、泣きながら家の庭先などに埋葬するか、自治団体に相談のうえ何らかの対処をしてもらうか、ということがほとんどだったと思います。

日本では、ペットと一緒にお墓に埋葬されることに関しては、法律的な問題は特にありません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年5月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

このページの先頭へ