数珠の必要性

jyuzu005

若い人にとっては数珠を持って、お墓参りや葬儀や行くという経験が少ないので「数珠を買わなければならない」という意識をお持ちの方は、少ないのではないでしょうか。

数珠の本来の意味をご存じですか。

数珠は喪服の様に葬儀に必要なグッズの一つではなくて、本来は一人に一つづつもっておくお守りの様なものなのです。

そして数珠は仏具の一つです。

これを持つこと自体で功徳があると言われています。

数珠はお経をあげる時に回数を数えるための道具でした。

お経を一度あげるごとに、球を一つづつずらして使用しました。

また数珠の輪はあの世とこの世の結界をあらわすとも言われていて、あの世(仏教の世界)と自分をつなぐ道具としても使用されます。

数珠を持ち合掌することで仏様に生かされていることを感じ取れる仏具でもあるのです。

生かされていることを感じることは仏教の基本です。

自分が自分の意思で生きていると思うことは、現代人の傲慢そのものです。

命は与えられるものであり、獲得したものではありません。

与えられた命に感謝して、生かされていることを実感することができれば、毎日のささいなことが「奇跡」であることに気づくことができます。

そんなことをふと気付かせてくれる数珠のパワーってすごいと思いませんか。

だからこそ、お葬式があったときだけ借りればいいものではないのです。

自分専用の数珠を持ち、感謝の心をとりもどすよすがとしてください。

急なお通夜に駆けつけることになっても、数珠さえ用意していれば、平服のままでも失礼にあたらないと言われています。

また、社会人になったら数珠を持つことは必須です。

そろそろ自分専用の数珠を持ちませんか。



池上本門寺 花峰 – 南無妙法蓮華経入り 本水晶腕輪 手首回り16cm

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    葬儀参列の際、数珠を持参したまでは良いけれど、正しいかけ方が分からず手持ち無沙汰になる・・・なんて経験はないでしょうか…

    今回は、あらためて数珠のお話を記してみたいと思います。 法事や葬儀参列、そして日々お仏壇に向かう時、私たちの手にあるの…

    数珠とは、108個の珠が二重に重なり、ふさや飾り玉が付いているものが正式なもので、ひとつひとつが人間の煩悩を表している…

    数珠の持ち方については、数珠の形や宗派によって異なります。 使わないときは、ふさを下にして左手で持ちます。 座っている…

    さて、冒頭から質問で失礼いたします。 お参りに行く時、お葬式やご法事の時、あなたは、お数珠をどこからだしますか。 だい…

タグ

2014年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ