土葬

dosou001

いまさらな話ですが、土葬ってどんなものかご存じですか?

日本では昭和のはじめくらいまでは、土葬で埋葬することが一般的でした。

しかし2009年に総務省がまとめた日本の火葬の率は99.93%だそうで、世界でも最高の水準に達しているそうです。

若い人には、土葬がどんなものかもよく分らないというのが本当のところではないでしょうか。

昭和のはじめまで日本で行われていた土葬は、タル型の棺桶ごと遺体を土に埋めました。

埋めた後は、その上に土を山盛りにして土饅頭というものをつくりました。

山盛りにする意味は、棺桶が腐ってつぶれると穴があいて遺体が見えてしまうので、あらかじめ土を盛っておき、棺桶がつぶれた後でも平になるようにしました。

よく土饅頭がつぶれると成仏した等と言ったそうです。

遺体が土に還るのには何か月かかかりました。

数か月で完全に骨になり、日本の土壌が酸性なことから、骨も数十年すると土に還るそうです。

ただし例外もあって、水分を多く含む土の場合は、遺体が腐らずにミイラ化することもあったそうです。

昔は土葬が主流だった理由の一つに、火葬するためには燃料が必要だったことがあげられます。

骨が残る程度に焼き上げるには、800度を著時間維持する必要があります。

マキや石炭、石油を準備するのは大変なことでしたので、土葬が都合のよい埋葬方法だったのです。

土葬は朽ち果てるまで自然にまかせるという、差し詰め現代でいえばエコな埋葬方法だったのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    日本では、一部の地域を除いてご遺体を火葬後、遺骨を埋葬するのが一般的です。 しかし、よく海外のドラマや映画でそのような…

    日本の埋葬方法としては、火葬が一般的で、ほぼすべてが火葬となっています。 この火葬は、仏教の伝来と共に日本に伝わったと…

    葬儀といえば、火葬。 現代では、当たり前となった火葬での葬儀ですが、かつての日本では土葬が一般的でした。 しかし今、土…

    日本の隣国である中国。 その中国の遼寧省では、年間25万人の方々が亡くなり、墓地不足が問題になっているそうです。 これ…

    「荼毘に付す」という言葉があります。 この「荼毘」という意味は、火葬するという意味が由来しているといわれています。 日…

タグ

2014年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

このページの先頭へ