福寿草(フクジュソウ)

fukujyusou001

フクジュソウがお正月になっても咲きませんという相談を受けることがよくあります。

しかし、残念ながら、現代のお正月にはフクジュソウは咲きませんと答えるしかありません。

もちろん昔はフクジュソウはお正月に咲きました。

それはお正月が旧暦のお正月でしたので、ちょうど今でいう2月くらいの時期がお正月だったからです。

ですのでフクジュソウが芽を出すことができたのです。

とても縁起の良い名前でお正月にはぴったりなのですが、新暦に変わることにより、開花期がズレてしまいました。

しかし、日本では昔からお正月の花として、とても馴染みが深い植物だったので、フクジュソウの愛好家やプロの園芸家などによって温度調節ををしたり、あらゆる手間をかけたりして、なんとかお正月に咲かせるようになったため、最近でもお正月に見かけることが多い様です。

しかし、これはとても手間ひまのかかることなので、一般の方達には少々難しいようです。
自然環境下では3月から4月に花を咲かせることが一般的です。

つまりは春の花だということです。

花の特徴としては、黄色が基本ですが、白やオレンジなどの花を咲かせる園芸品種もあります。

品種改良の歴史は古く江戸時代から行われています。

花のカタチにも八重咲きや、菊の様に咲くものや、三段に咲 くもの等色々なものが見られます。葉は人参の葉の様な、フワフワとしたものです。

育てる上のでポイントは、冬から春にかけてはよく日の光にあてて、乾燥を嫌うので、水やりは冬でもしっかりとすることです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    皆様は毎年の年始は、どのようにお過ごしでしょうか? お墓参りには行かれますか? 「お正月から墓参り?」と驚かれた方もお…

    サクラソウは世界に約400種類あると言われています。 日本では北海道から本州、九州では高原や原野に分布しています。 日…

    カキツバタ、アヤメ、ハナショウブ、これらの花を見分けることができますか? どれも、同じ様な花と葉をつけるように見えるこれ…

    蝋梅 (ろうばい)は花の最も少ない時期に花をつけます。 まるで〝冬〟という〝夜の季節〟の小さな灯りの様な植物です。 そ…

    池上本門寺では、平成30年の豆まきを2月3日土曜日に行います。 時間は午後1時から3時30分までです。 主なスケジュー…

タグ

2014年1月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:樹木と草花

このページの先頭へ