サザンカ (山茶花)

sazanka001

寒くなって来ると途端に色のある植物が減ってしまいます。

紅葉が終わる頃となると、自然は鮮やかな色を失いしばしの休憩をしているようでもあります。

都市部ではそんなことは全く気にならない生活を送っていますが、自然の豊かな場所へ出かけると、秋から冬にかけての変化は劇的なものがあります。

全ての自然ががひっそりとなりをひそめ、昆虫や動物の気配もそれほど感じられなくなった頃。

時々色鮮やかに花を付ける植物があります。

そんな植物には心を奪われ惚れ惚れと見ほれてしまうものです。

そんな植物の一つがサザンカ (山茶花)です。

サザンカは花の無い時期に咲く貴重な耐寒性常緑高木です。

ツバキ科ツバキ属花色には桃色、赤、白等があります。

椿ととても似ていますが、葉に違いが見られます。

サザンカの葉はギザギザしていますが、椿の葉は丸い形をしています。

しかし寒椿とは、葉も花も似ているので中々区別がつきません。

また椿との大きな特徴の違いは、花の散り方にあらわれます。

花びらが一枚一枚散って行くのがサザンカで、花ごと落ちるのが椿です。

椿は花ごと落ちることが縁起が悪いということで、戦国時代は首をとらえることになぞらえて、庭木として植えるのは縁起が悪いといわれていました。

そこで似た様な山茶花であれば縁起が悪いわけではないので、江戸時代くらいから盛んに庭木として使われました。

原産国は日本で、日本でも比較的温暖な地域に自生しています。

サザンカは香りが良いものがあるのも特徴です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    皆さんは、お彼岸にお墓にお供えするお花は何を選びますか? お花屋さんで菊の花をメインにしたお仏壇に飾るようなお花でしょ…

    この暑い時期、あちらこちらで派手な彩色で人々の目を楽しませてくれるのは、ノウゼンカズラ(のうぜんかづら)です。 花木の…

    かつては、一人っ子というのは、とても珍しい存在でした。 しかし今、日本の出生率は1975年以降、2を切ったままです。 …

    沈丁花 (じんちょうげ)は名前の由来の通り、遠くにいてもわかるくらいの甘い香りを放ちます。 それはちょうど秋に咲くキン…

    昼顔 (ひるがお)。 朝顔は有名すぎる程に有名ですが、昼顔も朝顔と同じ様な時期に咲き始める花です。 朝顔は園芸店などで…

タグ

2013年11月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:樹木と草花

このページの先頭へ