葬儀社の質

sougi007

近頃、葬儀社の質について色々な話を耳にいたします。

悪質な葬儀社とまではいかないまでも、質の悪い葬儀社というのは案外多く存在しているので、葬儀内容をよく確かめてから契約していただきたいと思います。

大切な家族の葬儀であれば、尚更のことです。

何も下調べをせずに、悲しみにくれるあまり成り行き任せとなってはいませんか。

成り行き任せでも、たまたま運良く質のいい葬儀社にあたる場合もありますが、残念ながらそうでない場合もあります。

もし後になって後悔しても、葬儀をやり直すということはできません。

後悔しないためにも、質の悪い葬儀社とは何かを知っておく事が必要なのではないでしょうか。

質の悪い葬儀社の例をあげてみましょう。

最近よく見かける葬儀の広告などでは「葬儀一式25万円」「お布施を含んで00万円」というような驚くほど安い葬儀代金の広告を打ち出している葬儀社です。

高すぎる葬儀価格を誰の手にも届くものにする、というのは素晴らしいことだと思います。

が、あまりにも他の会社とかけ離れすぎるほどの安さの裏には、安さを実現するための〝仕掛け〟があります。

もし、その〝仕掛け〟を充分に知っていて、その葬儀社を選ぶのであれば問題はありませんが、知らずに安さだけで惹かれてしまうのは危険です。

その〝仕掛け〟の一部としては、例えば生花を色々な葬儀で使い回している葬儀社もあります。

本来であれば柩に入れる分の生花を、次の葬儀の祭壇に再利用したりしています。

また、客には見えない部分に造花を使用していたりします。

スタッフも全てアルバイト人員であったりする可能性も高いそうです。

われわれ一般消費者は、こうしたことを認識したうえで、他の多くの商品同様に葬儀サービスも選択していく必要があるのでは、と思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    皆さんは、安いお葬式の広告を見かけた事はあるでしょうか。 たとえば『葬儀一式21万円』とか『葬儀一式とお布施で35万円…

    日本が経済大国を誇っていた時代は、葬儀規模も大型化し、祭壇はどんどん大きくなり弔問者がたくさん来ることが良い葬儀、とさ…

    いざ、お葬式となった時、派手で立派なお葬式を挙げたい人にはそれほどトラブルはおこりません。 なぜなら葬儀社の希望と合致す…

    さて、本サイト上でも再三書いて参りましたが、全国の葬儀費用の平均の金額は200万円前後だと言われています。 200万円…

    2003年、日本の年間死亡者数は遂に100万人を突破しました。 好むと好まざるとにかかわらず、年間100万人が死亡する…

タグ

2013年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

このページの先頭へ