披露宴と葬儀が重なった時

hirouen-sougi001

披露宴と葬儀が重なってしまった場合は、まずは弔辞を優先させるのが一般的です。

では冠婚葬祭では「葬」を優先するのはなぜでしょう。

それは、死に目には二度とは会えませんが、新郎新婦にはいつでも会う事ができるからです。

披露宴には出席することができなくても個人的にお祝いを届けたりすることもできます。

しかし故人の死に目に会えるのは人生でたった一回だけです。

やり直すことはできません。

自分の結婚式に来てくれた友人や、上司の結婚式や、大切な取引先の関係者の結婚式となると、葬儀を優先するというのは勇気がいりますよね。

また、披露宴をドタキャンするとなったら、相手にはとても迷惑がかかってしまいます。

大切なスピーチを頼まれている場合等も、ドタキャンとなると計り知れない迷惑をかけてしまいかねません。

そんな場合は臨機応変に対応してもかまわないのではないでしょう。

弔辞の場合は、弔電を打つ事もできます。

もし時間の都合のつかなそうな弔辞には、日時と場所を確認して弔辞をうっておきましょう。

もし時間が重なっていなければ、はしごをしても大丈夫です。

弔辞は夜に行われることも多いものですので、披露宴の後に参加できる可能性はかなりあります。

披露宴の後の弔辞は何となく、ためらわれるものですが、慶事も弔辞も人とのご縁をむすぶものですので、両方大切なことには変わりはありません。

どちらにも出席できるのであれば、ぜひ両方に参加して下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    法事やお墓参りを予定していて、希望の日が仏滅だったり、友引だったりしたことはありませんか。 たまたま仏滅にしか仕事の休…

    お墓を建てる時期については、特に明確な決まりはありません。 自分の都合や事情に合わせて、慎重に焦らず、お墓を作ることが…

    日本では先祖をおまつりする対象は位牌であることが多いようです。 よく火事に逢っても位牌だけでも持ち出したという様な昔な…

    墓地を歩いていると、卓石の正面の墓名が朱色で塗られたものを見かけることもあります。 これはお墓に遺骨がまだ納められてい…

    新しく仏壇を買い替えるということは、ままあるものです。 また、古くなった家を立て直すのに、仏壇を新しくするというケース…

タグ

2013年9月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ