低価格葬儀

yasui001

皆さんは、安いお葬式の広告を見かけた事はあるでしょうか。

たとえば『葬儀一式21万円』とか『葬儀一式とお布施で35万円』といった内容の広告です。

さて、お葬式ってそんなに安い価格できるのでしょうか。

日本のお葬式の平均の金額は、葬儀費用一式に1,266,593円。

飲食接待費用に454,716円。

寺院の費用に514,456円。

合計では、1,998,861円になるそうです。

それなのに一式35万円とは、何か裏にからくりがなければ、35万円という破格な費用で葬儀社が採算がとれるということに納得がいきません。

もしこの裏のからくりを知っていて激安や葬儀をあげるというのであれば全く問題はありません。

個人の方針や主義の問題もありますし、激安の葬儀が世の中に存在していることで助かる人というのもたくさん存在することでしょう。

また、高すぎる葬儀を行ったところで故人が喜んでくれるというものでもないでしょう。

しかし、この裏の仕組みを知らずに激安葬儀をお願いしてしまい、後悔する方というのも中にはおられるものです。

その後悔するであろう予備軍の方達には、この仕組みを知っておいて頂きたいのです。

では、この仕組みとは、一体どんなことなのでしょうか。

まず、葬儀で一番コストがかかるものは生花です。

この生花は、遺族が葬儀会社に注文するものですが、それをお柩に入れる切花に利用しないで別の葬儀で使える限り、使い回します。

また、人目には判り難い精巧な造花を使用している葬儀社もあります。

他には全く経験のないアルバイトが葬儀を取り仕切っていることもあります。

大体この2点は必ず行われています。

是非その事を承知した上で、依頼する葬儀社を慎重にお選び下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    少し過去の話なので、現行のシステムが少し違っていた場合はご容赦頂きたいと思います。 私の知人の住む自治体では、国民健康…

    直葬といえば火葬だけのとてもシンプルな葬儀なので、格安で行えそうなイメージがあります。 しかし、いくら直葬といえども一…

    墓地の購入価格はどのようになっているのでしょう。 公営墓地・寺院墓地が比較的安く、民営墓地が割高になっていることは説明…

    著名人などが亡くなった際、各報道やニュースで、青山霊園や青山葬儀所という名前をよく耳にします。 特に青山霊園は、ここ池…

    さて、本サイト上でも再三書いて参りましたが、全国の葬儀費用の平均の金額は200万円前後だと言われています。 200万円…

タグ

2013年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

このページの先頭へ