仏教離れ

buddha002

これまでは日本での葬儀と言えば、仏教葬が最も多く、つい最近までは仏教葬の割合は95パーセントだといわれていました。

他のキリスト教などの宗教葬を加えれば、98パーセントが宗教葬を行っていました。

しかし2007年の調査の結果で、遂に仏教葬は九割を切りました。

これは今まで日本が体験したことがない数字で、関係者を驚かせました。

そして、これとは正反対に増加している葬儀様式があります。

それは無宗教葬です。

無宗教葬の割合は、3.4パーセントにのぼり過去最高となりました。

都市部では無宗教葬の割合が、7.8パーセントを超えています。

特に都市部での増加傾向が顕著な様です。

この数値を聞いて意外に少ないじゃないかと思われる方もいらしゃるかもしれません。

しかし、普段あまり信仰のない人でも“人の死”に遭遇したときぐらいは、宗教葬で葬儀を行いたいと思うのが今までの常識でした。

よって、この数字は驚きを持って受け止められたのです。

では、無宗教葬の増加の背景には何があるのでしょうか。

要因のひとつとして考えられるのは、寺檀関係が希薄になってきていることです。

首都圏では、半数近くの人が菩提寺を持っていません。

ですから、葬儀を行う時点で僧侶を紹介してもらわなければなりません。

大抵の葬儀業者は、きちんとした僧侶を紹介してくれますが、悪質なケースが時々世の中を騒がせていることも事実です。

しかしその結果、僧侶を効率よく派遣するために、派遣僧侶と呼ばれるような商業システム化が進み、僧侶が葬儀専門のプロダクションに所属するという、何とも奇妙な時代になりました。

かくして人々の宗教感覚は益々薄れることとなり、僧侶を招くことは単に儀式のオプションの1つとして認識されるようになりました。

挙句は宗教葬自体、その必要性の可否を疑問視されるようになってしまいました。

しかし地方では、まだまだ宗教葬が優勢のようです。

ただし、今後においても全国的に見れば無宗教葬の増加傾向は収まることはないのではと思われます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    昨今、都市部では仏教葬で葬儀を行わない人々が、年を追う毎に増加しているのをご存じでしょうか。 事実、都市部では約5割の…

    音楽葬とは、無宗教の葬儀の中で、故人の愛した音楽や生演奏等を取り入れた葬儀のスタイルです。 具体的には、音楽を焼香や献…

    献花とは、葬儀の際にお花を供えることをいいます。 神前・霊前にお花を供えることも、同じく献花ともいいます。 仏式の葬儀…

    別れ花とは、最後のお別れのときに棺の中に収める生花のことを指します。 告別式の後、祭壇から下ろされた棺の蓋を開け、祭壇…

    徐々に定着しつつある樹木葬。 しかし、まだまだ聞き慣れないという方も多いのではないでしょうか。 樹木葬とは、墓石を建立…

タグ

2013年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ