大待宵草(オオマツヨイグサ)

オオマツヨイグサ(大待宵草)は読んでじのごとく、宵をまってから咲く花なので待宵草と名付けられました。

江戸時代の末期に輸入されたこの植物は、北アメリカ原産の植物でヨーロッパで品種改良された園芸植物です。

花は直径で8㎝にもなります。かつては、河原や海岸などでたくさん見かけることができましたが、最近ではあまり姿をみることはできなくなってしまいました。

このオオマツヨイグサ(大待宵草)はアカバナ科マツヨイグサ属の越年草で、ヨーロッパでグランディフローラ種とエラタ種をかけ合わせてつくられたと言われています。

草丈は50㎝から150㎝になり、茎は直立していて、毛がたくさん生えています。

葉の先は尖っていて、フチにはぎざぎざがあります。

開花時期は7月から9月頃で、宵を待って咲き、朝にはしぼんでしまいます。

この花は太宰治の『富嶽百景』の中で月見草と記されていて『富士には月見草がよく似合う』という登場の仕方をしています。

しかしこれは月見草ではなくてオオマツヨイグサ(大待宵草)だったと言われています。

また太宰治という希有な文人にも愛されたオオマツヨイグサ(大待宵草)は、竹久夢二という芸術家の寵愛も受けました。

『待てど暮らせど来ぬ人をー』という有名な歌詞で知られる歌の題名にもなっています。

しかし『待宵草』となるべき所を竹久夢二が書き間違えて『宵待草』という題になってしまったと言われています。

色々勘違いされてばかりの大待宵草ですが、見た目も、ネーミングも、芸術家や文人の発想をどこかした刺激する花の様です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    薺 (なずな)は別名ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)とも呼ばれ、よく見る草花の一つです。 田畑や…

    日本が経済大国を誇っていた時代は、葬儀規模も大型化し、祭壇はどんどん大きくなり弔問者がたくさん来ることが良い葬儀、とさ…

    位牌は故人の戒名を書いて仏壇におさめる木札として知られています。 通常は本位牌と呼ばれるものを使用しますが、本位牌には…

    今月の初旬、テレビ東京の情報番組「「L4YOU!」(エル・フォー・ユー)」の取材を受けました。 その番組内の「歴史情緒…

    さる2月15日、池上本門寺では、釈尊涅槃会が執り行われました この日は、本殿に「釈迦涅槃図」をまつり、本門寺役課・随身…

タグ

2013年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:樹木と草花

このページの先頭へ