眠りの木

nemunoki001

眠りの木というところから名付られた植物があります。

それが合歓の木 (ねむのき)です。

合歓の木は、日が当たると開き、当たらなくなると閉じて眠ったような感じを与えるのでネムノキと名付けられました。

また「合歓」という漢字には、男女が共寝すること、喜びを共にすることを表すという意味があり、お隣の中国では夫婦和合、家内平和の象徴として縁起の良い木としても知られています。

日本では東北地方以南に生育する落葉の高木で、梅雨の終わりから盛夏にかけて、化粧に使用する刷毛のような形の美しい花を咲かせます。

芭蕉にも中国絶世の美女とされた西施にこの花が例えられ、「象潟(きさかた)や雨に西施(せいし)がねぶの花」と読まれました。

このネムノキ、外国ではパラソルツリーとも呼ばれネムノキが傘を広げたような樹形になる種類のものがあることからそう呼ばれています。

この木何の木♪で知られる、ハワイ・オアフ島のモアナルア・ガーデンパークにある樹齢130年の大木もネムノキの仲間で、「アメリカ・ネムノキ(亜米利加合歓木)」といいます。

こちらはハワイではレインツリーと呼ばれているそうです。

しかし日本ではほとんどが眠りに関係した名前で呼ばれます。

ねんねの木、眠りの木、日暮らしの木、等々殆どが眠りを意味する呼び名ばかりです。

夜になると葉を閉じ、太陽が出てくると葉が起き始めるこの木の開花時期は、6月半ばから9月始めまでです。

花は夕方に咲き始め朝にはしおれる1日花です。

なんとも不思議な木ではありませんか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    今回は、大発さんの「桧の香り 山林」をご紹介します。 ヒノキの香りってとてもいいですよね。新築の家に入った瞬間のような…

    仏壇を構成する材料といえば、やはり木材です。 しかし木材と一口に言ってもたくさんの種類の木材があります。 仏壇には大き…

    月桂樹 (げっけいじゅ)ローリエやローレルとも呼ばれています。 学名をLaurus nobilisで、Laurusは常…

    私の家の近くにバナナの木を植えているお宅があります。 我が家は決して沖縄などにあるわけではなく、そちらかというと寒い地…

    お仏壇は、仏様やご先祖様をお祀りする所です。 日本人には馴染みの深いものですが、ぱっと見て、仏壇の違いや特徴を理解する…

タグ

2013年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:樹木と草花

このページの先頭へ