オミナエシ(女郎花)

ominaeshi001

オミナエシ(女郎花)は古くから日本人には親しみのある植物です。

誰もが一度は見かけたことがあるのではないでしょか。

古くからといいましたが、万葉集や源氏物語にもその姿が描かれたり、詠まれたりしていることを考えると、本当に古くから愛されてきた植物の一つだということがわかります。

オミナエシ(女郎花)の名前の由来は美女でさへも圧倒してしまうほどの美しさであるという意味の“おみな圧し”からきているという説と、黄色くて小さい小花が女性の食べていた粟飯(おみな飯)に似ているということから名付けられたという二つの説が有力だと言われています。

また、オミナエシ(女郎花)は秋の七草の一つでもあります。

秋の七草はあまり聞きなれませんが、ハギ、キキョウ、ナデシコ、クズ、オミナエシ、フジバカマ、オバナ(ススキ)の七つを七草と呼びます。

無病息災を願って食べる春の七草とは違い、鑑賞して楽しむのが秋の七草だと言われています。

また、オミナエシの根を乾燥させたものは、敗醤(はいしょう)と呼ばれ煎じて漢方として利用されてもきたので、全く食用にしないというわけでもないようです。

園芸では鉢植えや切り花として楽しむことができますが、庭植えすることもできます。

草たけはだいたい1メートルくらいになります。

花はコンパクトなものから、大きなものまで様々な園芸品種があります。

余談ですが、よく似た似た同じオミナエシ科の植物でオトコエシ(男郎花)というのがあります。

こちらはオミナエシより男らしいと名付けられたそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    桔梗(ききょう)の開花時期は6月初旬から8月中旬頃で、一般的には夏の花として知られています。 草丈は40~100cm程…

    薺 (なずな)は別名ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)とも呼ばれ、よく見る草花の一つです。 田畑や…

    生前に自分の死後の準備をすることを「終活」といいます。 この終活という言葉がすっかり定着して来た昨今ですが、最近では地方…

    お彼岸の時期が近づいて参りました。 さて「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、お彼岸っていつのことでしょう。 何となく、…

    本日は、春のお彼岸の真っ最中である「お中日(ちゅうにち)」となりますが、ご先祖様のお墓参りはされましたでしょうか。 年…

タグ

2013年3月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:樹木と草花

このページの先頭へ