仏壇の掃除は難しい?

butsudanosouzi001

仏壇の掃除ですが、仏壇が金仏壇か、唐木仏壇かによって掃除の仕方が違います。

仏壇は、伝統工芸品と言っても過言ではありません。仏壇にはぴんからきりまでの品がありますが、中には美術品といえるような品物まであります。

ですので扱いも難しいのです。

家具と同じ様な扱いをしていると、せっかくの仏壇を傷めることにもなりかねません。

金仏壇の場合は、金や漆などを水拭きなどでは絶対に拭いてはいけません。

金色の部分は毛ハタキか静電気防止の科学ハタキで埃を取り除く程度に、漆部分は乾いた柔らかい布で軽く拭いてください。

また、金仏壇などは、金色の部分が金箔である場合が多いので、その場合は手で直接触ることを避けましょう。

金箔には指紋がつきやすく、毎日触れる扉の部分などは金箔が剥げてしまうこともあります。

丁寧に扱えば、何代先にも残っていくものです。注意してお手入れして下さい。

唐木仏壇であれば、ハタキで埃を払ってから固く水気を絞った布で拭いても大丈夫な場合もありますが、しかし中には、漆塗りの製品のものがあります。

高価なものほど漆塗りであることが多い様です。

漆は水分に弱いので、できれば水拭きをさけ、シリコンクロスで拭くのが一番良いのですが、無い場合はガーゼなどで代用することできます。

もちろんその場合も乾拭きして下さい。くれぐれもかたい布で拭かないようにしてください。

その他、仏具のお手入れは、ロウソク立てなどは熱湯でロウを流します。

その後に金属磨きで磨くとキレイになります。

その場合黒い色のものは金属磨きで磨いてはいけません。

あくまで金属のものだけです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    仏壇は、伝統工芸品と言っても過言ではありません。 仏壇にはぴんからきりまでの品がありますが、中には美術品といえるような品…

    新しく仏壇を購入した際、何処に置けばよいのやら…と悩んでいる方が、意外に多くいらっしゃるようです。 今回はあらためて、…

    新しく仏壇を買い替えるということは、ままあるものです。 また、古くなった家を立て直すのに、仏壇を新しくするというケース…

    ご葬儀や法要が終わると、次に準備するものは「仏壇」です。 最近では仏壇のある家庭も少なくなってきましたので、いざ自分が…

    お仏壇は、仏様やご先祖様をお祀りする所です。 日本人には馴染みの深いものですが、ぱっと見て、仏壇の違いや特徴を理解する…

タグ

2013年1月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ