立葵(タチアオイ)

tachiaoi001

立葵(タチアオイ)は真っ直ぐな茎に穂状花序(すいじょうかじょ)をたくさん付けるアオイ科フヨウ属の多年草です。

穂状花序(すいじょうかじょ)といっても難しくてよく分からない方がほとんどだと思いますが、伸びた花軸に柄のない花が穂状につくものの事を指します。

麦やオオバコ等がそれに当たります。

学名はAlthaea roseaと言いますが、 Althaea(アルテア)の語源はギリシャ語で〝治療〟が語源とされています。

語源からも分かる様に薬効があり、古代から薬として使用されてきました。

ちなみにギリシャ語の〝治療〟はalthainoと言うそうです。

立葵の開花時期は5月の後半から八月の頭位までです。

耐暑性耐寒性の宿根草ですので、毎年楽しむことができます。

立葵は昔から夏の庭先でよく見られる花ですので、親しみのある方も多いのではないでしょうか。

花は一重の五弁花、または八重咲きで、10センチくらいになります。

大きな花を咲かせるので丈も高く2メートルくらいに成長します。葉は心臓のかたちをしていて、浅い切れ込みを見る事ができます。

丈夫な植物なので、タネをまいて発芽さえすれば、それ以降殆ど手間をかけずに開花まで育てることができます。

また毎年楽しめるという特典付きの植物です。

私の実家にも子供の頃に、どこからか飛んできた種が発芽して庭一杯に立葵が咲き誇っていました。

その花の贅沢な感じがとても美しく、一輪つまんで髪に指したりして遊んだ記憶があります。

機会があれば一度育ててみて欲しい植物の一つです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    昼顔 (ひるがお)。 朝顔は有名すぎる程に有名ですが、昼顔も朝顔と同じ様な時期に咲き始める花です。 朝顔は園芸店などで…

    皆様は、お釈迦様の誕生日をご存知ですか?? お釈迦様は4月8日にお生まれになりました。 日本では、4月になると全国各地…

    クリスマスが近づく今頃、一斉にポインセチアが店頭に並びはじめ、もうすぐクリスマス!という気持ちにさせます。 ポインセチ…

    秋というのは、涼しい風が吹きはじめます。 人間にとっても植物にとっても、やれやれな季節です。 特に今年の夏は例年より暑…

    秋明菊(シュウメイギク)は花もつぼみも可愛らしい植物で、秋に花を咲かせる宿根草です。 ですので一度植えると毎年秋にかわ…

タグ

2012年12月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:樹木と草花

このページの先頭へ