仏壇の普及は江戸時代?

butsudan005

仏壇が普及したのは江戸時代からだと言われています。

その理由には時代の大事件が背景にありました。

それは、江戸幕府が全ての庶民に対してキリシタンの信仰を禁止したことでした。

江戸幕府は全ての庶民に対して自分がキリシタンではないことを証明するように求めました。

それはつまりはお寺の檀家になるということでした。

その為に幕府は、寺請証文というものを寺に発行させました。

これは檀家名簿の様なもので当時の住民票のようなものでした。

この住民票はキリシタンではないという証明にも使用されました。

もしこの名簿に名前が記入されていなければ、それはキリシタンであるということになり、厳しく罰せられる危険がありました。

また檀家になると仏壇を持つことが命じられていたので、結局は日本人全員が仏壇を持つことになったのです。

このように日本に仏壇をもつ習慣が根付いていきました。

日本人に定着した仏壇でしたが、日本人は日本古来の先祖崇拝の信仰を捨てることはできませんでした。

そして本来の仏教思想に加えて、土着の先祖崇拝は信奉され、両者は混ざり合い日本独特の宗教観が定着していきました。

仏壇はこの様な流れの中で、日本人にとっては無くてはならない先祖供養の〝場〟となったのです。

現在でも日本の仏教は先祖崇拝を重視しますが、その影響で本来の仏教では本尊以外に置くことのない先祖の位牌を仏様と一緒に安置するようになりました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    仏壇は日本人にとって、古来からの生活の一部でした。 ですので大抵新築した時などに購入したものですが、最近では家族が亡くな…

    さて、仏壇を購入するタイミングはいつなのでしょうか。 大抵の人が家族が亡くなったり、お墓を立てた後に購入しようと思って…

    神棚の存在を知らない方は、日本人であれば一人も居ないと思います。 日本人誰もが、知っている神棚の存在ですが、そもそも何…

    お仏壇は、仏様やご先祖様をお祀りする所です。 日本人には馴染みの深いものですが、ぱっと見て、仏壇の違いや特徴を理解する…

    なぜか日本でハロウィンのお祭りを楽しむ文化が定着しつつあります。 しかし、ハロウィンのお祭りについて詳しく知っていると…

タグ

2012年11月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ