唐木仏壇に使われる木の特徴

butsudan_jymoku001

仏壇には大きく分けて、唐木仏壇と呼ばれる銘木を使用した仏壇と、金仏壇と呼ばれる金箔を施した仏壇の二つがあります。

唐木仏壇は、銘木と呼ばれる材料を使用します。

銘木とは稀少価値や鑑賞価値のある木材の総称で、木目や色の美しい木材のことを指します。

では、その代表的な材料の特徴を見てみましょう。

【黒檀】産地:インドネシア等

黒地に美しい模様が浮き出た最高峰の材料です。とても堅く、耐久性に優れています。

虫や菌にも強いという特徴まで供えています。インドネシアのスラウェシ島で産出されるものが有名です。

【紫檀】産地:ラオス、タイ、ベトナム

黒檀と並び称される最高級ランクの材料です。

堅い木の質ですが、木肌は細かく赤茶色をしています。

正倉院の細工の中でも多く見る事ができるほどで、当時から珍重されてきた材料です。

【鉄刀木(たがやさん)】産地:アフリカ、東南アジア、中米、西インド諸島

木目の非常に美しい材料です。

木の表面は淡黄白色。芯の方は紫黒色、黒褐色をしています。

仏壇に使用するには薬品で色を抜き使用する必要があります。

【屋久杉】産地:屋久島

鹿児島県屋久島から産出される屋久杉は、湿度の高い環境の影響で樹齢の高い杉がたくさんあります。

屋久杉は大木でありながら、細かく美しい木目を持ち、色調が時間を経過するごとに変化して味わい深いものになり、仏壇としての価値を高めます。

油脂が多いので腐りにくい特徴があるので、仏壇にも適していると考えられます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    新しい仏壇が登場しては話題になりますが、最近では、合板、プラスティック、アルミなど、素材からデザインまでが新しいものへ…

    仏壇を構成する材料といえば、やはり木材です。 しかし木材と一口に言ってもたくさんの種類の木材があります。 仏壇には大き…

    仏壇は仏様やご先祖様をお祀りする所ですので、仏壇をローンを組んで購入するのは、いささかご先祖様に失礼な様な気がしてしま…

    仏壇は仏様やご先祖様をお祀りする所です。 日本人には馴染みの深いものですが、ぱっと見て、仏壇の違いや特徴を理解するという…

    金仏壇には金箔が施されているのはもちろんですが、仏壇全体に塗られた黒い漆に金が施されています。 この黒と金の色のコント…

タグ

2012年10月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ