墓地の価格

kakaku001

お墓を手に入れるための主な費用は、永代使用料、墓石や工事の費用、管理料です。

寺院境内墓地なら、入檀家志納金やお寺の護持費などが上乗せされてきます。

お手頃なものは、公営墓地ですが、使用料と管理料共にとてもお安くなりますが、募集枠が少ない割に応募が殺到するので入手しにくいというのが現状となります。

ですのでそれ以外となるとやはり民間墓地か寺院境内の墓地ということになりますが、もしこれらで安くおさめたいということになると、いくつかのポイントを抑える必要があります。

まず郊外墓地を選ぶことです。

都心ではびっくりするほど高い墓地ばかりですので、郊外で選ぶ必要があります。

また、一区画ができるだけ狭く区画してある墓地を選ぶことも重要なポイントとなります。

次に石材を安価なものにおさめることが大切です。

一般的には外国産のものの方が国産よりもお安いので、そちらを選ぶと良いでしょう。

しかし、極端に安いものは割れたりというトラブルになりがちなので注意が必要です。

不良品には充分注意して墓石を選ぶ必要があります。

また、デザインも和型のものより洋型のもののほうが安価にすむことが多いようです。

また墓地とセット販売されているものもお手頃な価格で入手できるようです。

最後にお墓の購入にはローンをあてる人も多い様ですが、できるだけ内金を用意してから購入すると良いでしょう。

全額ローンというのも後が大変ですし、やはり購入するのがお墓であるので、気持ちだけでも現金でおさめる部分をつくっておくと良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    お墓を手に入れるための主な費用は、「永代使用料」、墓石や工事の費用、管理料です。 寺院境内墓地なら、入檀家志納金やお寺…

    墓地の購入価格はどのようになっているのでしょう。 公営墓地・寺院墓地が比較的安く、民営墓地が割高になっていることは説明…

    本来、遺骨は墓地や納骨堂、寺院などで管理、供養するのが一般的です。 しかし、遠方でお墓参りに行くのが難しい場合や忙しく…

    それでは、墓地を選ぶときの重要な点をまとめてみましょう。 まずは管理母体は何処を選ぶか、民間墓地・公営墓地・寺院墓地の3…

    それでは、墓地はどのように管理していけばいいのでしょうか? 墓地の管理については管理事務所などがある施設の場合は、1年ご…

タグ

このページの先頭へ