焼香の回数に決まりはあるのか

osyokou001

お葬式に行くと、焼香の回数は人それぞれで、前の人の動作に合わせて行うという人が多い様です。

お葬式の焼香の長い行列を待っていると、焼香の回数が2回で進んでいて、途中3回する人が現れると、その後の人が全部3回で統一されたりする光景を目にします。

これはみなさん、心の中では戸惑っているという証拠ではないでしょうか。

皆さん法事の時には戸惑いますが、実際日常生活で焼香することなどないので、話題にものぼらず疑問が疑問のまま解決されず、1回なのか、2回なのか、果たして3回なのかと、また次の焼香の時に同じ悩みを持つ様です。

線香や焼香の数は宗派によって違います。

そのため、法事の時に戸惑う人が多い様ですが、実のところあまりこだわる必要はないようです。

真言宗の場合、これは一例ですが、焼香は3回行う様です。

これには仏法僧の意味が込められています。

これと同じ数に浄土宗の3回がありますが、こちらは込めた意味が違い、現在、過去、未来の世界の仏様に捧げるという意味があるようです。

曹洞宗は2回です。

この様に宗教によって違ってくる焼香の回数ですが、葬儀の時に人数の多い場合などは、時間がかかり過ぎても迷惑となるので、一回で済ませたほうが良い場合もあります。

あまりにも煙がモクモクとしてしまっても、また迷惑になるので、その辺の所を考慮することもケースバイケースで大切なことかも知れません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    お葬式などで焼香すること意外では、日常的に香を炊くということは少ないものですよね。 ですのでお葬式での焼香の回数が分か…

    葬儀や告別式の際に行う焼香の形式は主に3種類あり、それぞれに手順や作法があります。 葬儀会場など、参列者のために椅子が…

    法要や葬儀参列の際に、困ることは何ですか? という問いに一番多く回答される項目が「焼香の作法がわからない」ということだ…

    ドライブスルーと言えば、ハンバーガーや牛丼などのファーストフードを思い浮かべますよね。 変わったもので有名なのは、米国…

    しばらくぶりに花峰のお取り扱い商品のご案内をさせていただきます。 今回は、玉初堂さんの「なにわ香炭」をご紹介させていた…

タグ

2012年8月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ