法要はなぜ行うの?

houyouenmma001

仏教では死後の世界では、亡くなった人は閻魔様により裁きを受けると考えられてきました。

閻魔様は死後の世界の裁判官です。

そして、生前の功徳に対する裁判を行ない、来世の行くべき場所を決定するとも言われ、その裁きは人々を恐れさせてきました。

そのため、残された遺族は、裁判官の資料ともいえる閻魔帳に記されている罪を消滅させてもらう為に、裁判の日に冥福を祈って行ったのが法要だと言われています。

実は、裁判の日というのが、亡くなった日から数えて七日目の初七日~七七日の四十九日までに、七日ごとに七回行われたのが、裁判日=忌日でした。

※初七日(7日目)、二七日(14日目)、三七日(21日目)、四七日(28日目)、五七日(35日目)、六七日(42日目)、七七日(49日目)

ですので、裁判によってあの世に行けるかどうかを決定する忌日が七七日ということで、忌明けと呼ばれるのです。

本来ならば全ての忌日に僧侶を呼び、読経してもらうものなのですが、あらゆる儀式が簡略化される現代においては法要も同じ様です。

現在では、初七日は葬儀当日の還骨回向(かんこつえこう)の際にすますことも増えて来ています。

しかしこの日は、仏教では死者が三途の川に到着し、川の急流から緩流のどこを通るかを決める重要な日とされるため、重要視される法要です。

他、五七日も手厚く法要を営みますが、現在では身内だけで行うことも多くなってきています。

七七日は、故人の来世の行き場所の決定する日ですので、現在でも、この日は僧侶、親族、友人知人を招いて比較的盛大な法要を行うのが普通です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    法要は亡くなった方の冥福を祈る為に行われます。 亡くなった方があの世へ行ってから良い報いを受けられるよう、残されたものが…

    法要(ほうよう)は、故人の冥福を祈り供養する「儀式」のことを指します。 ちなみに法事(ほうじ)は、法要とそのほかの食事…

    法事は、どのタイミングで行えばよいのでしょうか。 年中行事には、法事、命日、法要、様々ありますが、その違いを明確に区別…

    葬儀後の法要は、初七日から始まり七日ごとに四十九日まで行います。 仏教では、亡くなった方の魂は四十九日まではこの世を彷…

    仏教では死者を弔うために、死後七日ごとに法要を営みます。 これは死者があの世で7日ごとに裁きを受けるのに合わせて、冥福を…

タグ

このページの先頭へ