納骨法要の準備

nokotsu002

納骨するとき、仏式では納骨法要を行います。

新しくお墓を建てたという場合には開眼法要もあわせて行います。

納骨法要を行う場合はまず菩提寺に相談しましょう。

開眼供養をする場合には石材店にも相談し日取りを決めるということになります。

公営墓地や民営墓地などで菩提寺がないという場合には墓地管理者や石材店に寺院への手配を依頼することができます。

では具体的な納骨法要の手順をご紹介いたします。

まず、参列者を決め連絡を入れます。

つぎに会食と引き出物の準備を行い、それらの手配をします。

お墓を掃除します。

納骨法要の際には卒塔婆を建てるので、前もって寺院に相談しておきます。

御卒塔婆料は、1本3000円から5000円程度と考えていいでしょう。

それから墓石についてですが、生前にお墓を建てた場合は墓石の文字を朱色にしてあるので、文字色を黒か濃紺にかえる必要があります。

このことも前もって石材店に相談しておきましょう。

次に、開眼法要や納骨法要の遺族の服装についてですが、喪服が基本となります。

三回忌を過ぎれば地味な平服でもかまわないでしょう。

喪服は、男性は黒のスーツ。

ワイシャツは白でネクタイは黒の無地のものが基本です。

ネクタイピンをつけてはいけません。

女性はブラックフォーマルスーツ。

バックも靴も黒で揃えましょう。

光るものは厳禁とされています。

黒は黒でもつや消しの黒を基本としましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    お墓を建てた後に仏式の場合であれば「開眼式」を開きますが、そもそも開眼式とは何でしょうか? 開眼式とは、新しくつくった仏…

    納骨ってなんですか?という素朴な疑問をいただきました。 お通夜と葬儀が終わったら、ほっとしてしばらく何にも考えられなくな…

    分骨とは位牌の一部を分けて複数のお墓に埋葬することを指します。 分骨をするケースで多いものは以下のとおりです。 (1)…

    納骨の際、仏式では納骨法要を行いますが、納骨法要にはどれくらいの費用が掛かるのか、ざっと書いてみたいと思います。 法要…

    お墓を建てる場合の『開眼供養』の場合は、納骨法要、あるいは、忌明け、一周忌など年忌法要の日にまとめて行うことが一般的なよ…

タグ

2012年4月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ