ご供養は人間にだけ?

サンススクリッド語で「供養」の言葉のもとの意味は、「塗る」「彩る」という意味を持つ「プージャナ」という言葉であるそうです。

それは祖先の霊に対して、「供物」を捧げることに意味を発しているとも考えられているそうです。

それが、さらに発展して、先祖の霊や仏を敬い、その教えに則って修行するろいう意味にもなりました。

ですので、本来の供養とは修行することによってしか、なされないものであったようです。

現在では供養は、仏教行事全般を指します。

亡くなった人に対して行うのは「追善供養」(ついぜんくよう)。

無縁仏に対して行われるのは、「施餓鬼供養」(せがきくよう)。

仏像が完成した時は、「開眼供養」(かいげんくよう)。

これらの他にも供養はたくさんあります。

人形供養、動物供養、虫供養、さらには明らかに無生物であるところの針供養などなど。
人形供養も無生物であることにかわりはありませんが、人型であるので供養する気持ちは理解できます。

また動物供養や虫供養、漁業関係者による魚供養なども、我々日本人にとって理解の難しいことではありません。

しかし、日本人であっても不思議になるのが、針など、無生物にまで及ぶ供養の意識です。

針供養は、二月と十二月八日には針仕事を休み、折れた針や錆びた針豆腐にさして供養したそうです。

なんとも不思議で、暖かい気持ちになるようでもあり、少し恐ろしい気持ちになるようでもあります。

昔は針一本製造するのも大変な仕事でしたでしょうし、針仕事は家庭を支える重要な仕事の一つでしたので、「針」が供養されたのかもしれません。

日本人の針にまで及ぶ感謝の心を感じるとも言えますし、全てのものに神様が宿っていたと考えていた昔の人達の意識に触れるようでもあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    そもそも供養とは何でしょうか? 供養とは、『供給資養』の略で、「プージャー」というサンスクリット語の訳のことです。 一…

    水子供養と言えば、何となく中絶した胎児のことを意味する様に感じますが、それは1970年代位からそう思われるようになった…

    両親が亡くなった次男や三男の場合は仏壇を持つ事ができないのでしょうか。 答えはNOです。 仏壇が家にあるという家庭が激…

    もし葬儀の受付を頼まれたら、特別な理由がない限りはお受けしましょう。 遺族の悲しみを考え、少しでも遺族の力となれるように…

    さて、前回に続きまして、梅栄堂さんのお線香『残香飛 ブラック』をご紹介させていただきます。 『残香飛 ブラック』は、火…

タグ

2012年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ