別れ花

owakarebana001

別れ花とは、最後のお別れのときに棺の中に収める生花のことを指します。

告別式の後、祭壇から下ろされた棺の蓋を開け、祭壇の周りなどに供えられていた生花を「別れ花」として、故人と対面しながら一輪一輪、丁寧に棺の中に入れて、遺体の周辺をきれいに飾ります。

別れ花に使用する生花は、祭壇の周りなどに供えられていたもの以外にも、生前、故人が好きだった花を希望により、別に用意することもあります。

葬儀には、使用されないようなチューリップやひまわりなどがあげられるかと思います。

また、薔薇などのような「棘のある花」は葬式などでは、あまり良くないと、かつては使用しないことになっていましたが、故人の意志であるのであれば、問題はないでしょう。

これから、あの世へと旅立つ、故人の霊魂を慰める最期の手向けです。

別れ花を行うのは、喪主、遺族、近親者、故人と親しい付き合いのあった人に限られます。

遺体と対面しながら、遺体の周囲を別れ花で飾り、故人の冥福を祈ります。

故人の愛用の遺品など火葬において問題の無い物であれば、一緒に納めることもできます。

他の参列者の方々は別れ花が終わるまで、待機することになりますが、大声でのおしゃべりなどせず、私語は慎みんで、粛々と遺族と故人の最後のお別れが終わるのを待ちます。

まれに、無宗教葬で、故人に捧げる花のことも「別れ花」と呼ぶことがあるそうです。

棺に入れきれず残った花は、お供え用に遺族が持ち帰ることもできます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    葬儀の祭壇ってどんなものか、頭の中でイメージしてみて下さい。 どんな光景が脳内に広がりましたか? 葬儀の祭壇は、大きく…

    葬儀の際、棺を置き、その後ろには祭壇に遺影を立てかけ、供花を飾ります。 ほとんどの葬儀で用いられているのは、白木を使用…

    供物(くもつ)とは、信仰の対象となる神仏や先祖の霊に供えられる物のことを指します。 また、弔意の印であり「果物」「菓子」…

    別項でお墓の主体の構成については説明しました。 それでは、今度はその周りにある装飾品についてみていきましょう。 『外柵』…

    昨今の葬儀の様式として「密葬」や「家族葬」などで執り行われる場合が多いかと思います。 本日は、それらについて少し触れて…

タグ


2012年1月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事用語

このページの先頭へ