神式角柱墓とは

shinshiki001

神式角柱墓とは、神式の墓のことを指します。

基本的に神社では、死を“穢れ”として扱うため、墓地を所得しません。

ですから、寺院墓地のようなものは存在しません。

公営墓地や民営墓地を利用することになります。

ただし例外もあり、近年では所得している神社もあるようです。

墓石は角柱形(神道形)といわれる形で、仏式とは異なります。

基本構成は仏式とほぼ同じで、墓石、納骨棺(カロート)、境界石、玉垣、花立て、霊標などで構成されています。

しかし、神式では焼香はしないので香炉が必要ありません。

仏式と神式のはっきりした違いは、榊(さかき)、洗米、塩、水などを供えます。

墓石に刻む文字は、戒名ではなく霊名を用います。

霊名は姓名の下に之霊、命、命霊、霊位、大人、刀自などを付けます。

他には、家名にすることが多いようです。

合祀墓の場合は「~家奥津城」または「~家奥都城」と彫られる場合が多いといえます。

棹石の上部に行くに従って細くなり、頂上部は角兜巾型、所謂、四角錐になっています。

先のとんがったオクツキと称する場合が多いみたいです。

通常、棹石の高さは巾の3.5倍と決まっていたのですが、近年ではそれよりも短いものが多いようです。

神道のお墓は神器そのものを表しており、この形は三種の神器の一つ天叢雲剣を表しています。

また、供物台のかわりに八足台を使用します。

その他の仏式の墓石との違いは、棹石が六角柱や円柱形等のものもあり、形は一定していません。

祠のような墓(多分神道と思われる)もあり、大変古い形式の墓形であるといわれています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    神道におけるお墓参りは、仏式とはどのような違いがあるのでしょう。 ます、神道ではお墓のことを『奥都城(おくつき)』と呼…

    地域や宗派ではお墓参りにどのような違いがでるのでしょうか? 墓参りやお墓の掃除といったものは、宗教に関係なく行われるも…

    洋形墓とは、和型墓石同様に、近年、一般墓地に用いられる形状の墓石です。 基本的には仏式や神式以外のキリスト教式、宗派を…

    別項でお墓の主体の構成については説明しました。 それでは、今度はその周りにある装飾品についてみていきましょう。 『外柵』…

    供物(くもつ)とは、信仰の対象となる神仏や先祖の霊に供えられる物のことを指します。 また、弔意の印であり「果物」「菓子」…

タグ

このページの先頭へ