供物(くもつ)

供物(くもつ)とは、信仰の対象となる神仏や先祖の霊に供えられる物のことを指します。

また、弔意の印であり「果物」「菓子」「線香」「ろうそく」などのほかに故人の生前の好物も含まれます。

信仰の対象になる宗教や宗派で供えられる物が変わるのは当たり前の話です。

供花(きょうか)は、花の供物のことで、生花や造花である花輪などがあり、故人の霊を慰め、祭壇を飾るという目的があります。

ちなみに生花は、通夜までに送る必要があります。

花輪は、会社や●●●一同といったように、団体で送るのが一般的です。

故人の意志や遺族の意向によっては、供物や供花を全て辞退することも、あり得ないことではありません。

供物や供花を届ける際には事前に確認してから、送るようにしましょう。

仏式と神式の違いは、線香と玉串のくらいでほとんど変わりません。

仏式・神式では、造花で作った花輪や生花の盛り花などを飾りますが、キリスト教式の場合は、白い生花のみで祭壇を飾ることになります。

供物や供花を贈る際には、弔事用のかけ紙を掛けて、水引か白黒のリボンを用いておきます。

通夜の始まる前、ならびに葬儀開始数時間前に届くように手配する必要があります。

祭壇の飾る供花は、葬儀社が取りまとめている場合があるので、そのときには世話役を通じて「御花料」をわたしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    供花(きょうか)とは、故人と本当に親しい方々や仕事関係の方が故人の為に供える花のことです。 通常、葬儀に参列する際には…

    葬儀の祭壇ってどんなものか、頭の中でイメージしてみて下さい。 どんな光景が脳内に広がりましたか? 葬儀の祭壇は、大きく…

    友人や知人が亡くなられた時、その家族の方から連絡をもらいます。 その際、香典を辞退する旨を伝えられることが近年ではよく…

    供花(きょうか)とは、葬儀などで死者に供える花のことを言います。 故人の成仏のために供える花は、美しい浄土の意味合いを…

    別れ花とは、最後のお別れのときに棺の中に収める生花のことを指します。 告別式の後、祭壇から下ろされた棺の蓋を開け、祭壇…

タグ

2011年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事用語

このページの先頭へ