永代使用権とは

eitai_bashi001

墓地の使用権のことを「永代使用権」と言います。

つまり、墓地の使用権とは、原則的に永代に使用する権利を所得することになります。

永代使用料を支払うことによって、代々、その墓地を利用することが可能になります。

民営墓地・公営墓地・寺院墓地は細かい使用規定や使用規則があって、使用者の資格、墓地使用料・管理料、使用の取り消しに関する規定などが定められています。

規定や規則を守らなかった場合、使用が認められなかったり、墓地の返還を求められることになります。

購入する前の契約内容の確認は怠ってはいけません。

かなりの高額が予想されるので、何事も慎重に行うことになるかと思われます。

契約の際に気をつける点を勉強しましょう。

宗教による規定がある場合、自分の宗教と同じでなければいけません。

民間・公営墓地は基本的には、どのような宗教でも比較的に大丈夫なのですが、特定の宗教の場合、認められない場合があります。

指定された石材店が決まっている場合があります。

納骨においては、公営の場合は遺骨があること自体が条件になっていることもあります。

また、墓石についての形、大きさの規定があります。

区画保有期限という墓の建立についての期間が決まっている場合もあります。

年間における管理費の支払いについての規定も書かれているはずです。

年間で一括するのか、3年分の前納などがあります。

墓地使用権の取り消しの条件についても、書かれているはずなので必ず目を通しておきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    墓地の使用権とは、実際に墓地を購入することです。 墓地は不動産ではありませんので、一般の土地のような売り買いはできませ…

    それでは墓地の承継について説明をします。 承継とは、永代使用権を所得した名義人が死亡した場合に、墓を継ぐことをいいます…

    それでは、墓地はどのように管理していけばいいのでしょうか? 墓地の管理については管理事務所などがある施設の場合は、1年ご…

    墓埋法(ぼまいほう)についての説明をします。 墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)は昭和23年に墓地や埋葬について細かく…

    墓地の購入について、詳しく見ていきましょう。 墓地自体は何度も買うわけではありませんし、いざ買おうとしたときにはどのよ…

タグ

このページの先頭へ