シリーズ~お墓は誰が継ぐ? その3

とあるお宅が、お墓の改葬をしました。

今の時代、墓じまいや改葬自体、さほど珍しいことではありません。

しかし、これはとても切実で、必要に迫られ、やむなく40年越しで改葬に踏み切られたケースです。

それは、親子二代に渡る改葬でした。

前回お葬式があったのは、昭和35年のことで、その地域では、まだ土葬も火葬も両立していたころです。

喪主になったのは、18歳の娘さん(このお宅におけるお母さん)であり、どっちで埋めたのか記憶にないということでした。

周囲の親族も高齢になり、記憶が薄れ真実はわからないままでした。

この娘さんが、25歳でお婿さんを取り、ずっとお墓を守っていました。

この地域では、女性と子供は、骨=埋葬を見てはならないというしきたりでしたので、悲しみもあり記憶にないのも致し方ない状態でした。

しかし、娘さんはお母さんになり、子供たちも結婚し孫もできて、気が付けば70歳になっていました。

52年間お葬式が出なかったのは幸運でしたが、本当に気が付けば、自分や夫が入ることになり、このままでは埋葬のときに、土葬の骨が出てきたら納骨が進まない。

それで、息子と折半で改葬に踏み切ったわけです。

娘さんというかお母さんは安心しました。

しかし、別の問題が残りました。

息子が一人娘と結婚して、マスオさん状態で住んでいたのです。

お嫁さんの両親も初代でお墓がありません。

息子は、そのお墓に、お嫁さんの両親も入れる決意でいました。

しかし。

息子の妹が離婚して出戻ってきていたのです。

妹にも息子が二人いて、旧姓に戻っていました。

息子と娘、兄と妹。姓は同じなので、将来的には「お嫁さんの両親も、妹親子も入ればいいさ」とお母さんは言いました。

でも、お墓の半額を出して、半分の所有権のある息子は、「うちにも息子がいるから、妹親子は入れない」と宣言しました。

一つの姓のもと、〇〇家の墓のもと、嫁の両親は入れるのか。

同じ姓であり、同じ両親から生まれた妹がなぜ入れないのか。

このお墓は、いったい誰のものなのか。

このお墓は、誰のために建立したのか。

ほどなくして、お墓を建てましたが、10か月目にお父さんが亡くなりました。

次に入るのは誰なのか、入れる権利があるのは誰なのか、答えは先送りのままとなってしまっているのです。

何とも考えさせられる改葬のお話であります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    最近、お墓のお引越しを希望する方が、とても増えているようです。 その理由の一つとしてあげられるのは、地方から集団で働き…

    ※画像はイメージです 現代では、人は縁で結婚するのではなく、好きで結婚することの割合が多いのではないかと思います。 そ…

    昨日あたりからようやく青空も見え始め、気温も連日30度を超え、夏らしくなってきました。 関東の梅雨明けは、この週末ぐら…

    ※画像はイメージです 2019年も無事にお彼岸が過ぎ、巷では専ら改元の話題でもちきりであります。 どのような元号となるか…

    年々増えているお墓の引っ越しですが、いざお墓を引っ越そうとするとたくさんのトラブルに巻き込まれることがあります。 お墓…

タグ

2019年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

このページの先頭へ