花供養

本日4月8日は、お釈迦様の誕生日で「花まつり」と呼ばれています。

これは、お釈迦様が生まれた時に、動物に木々や草花たち生きとし生けるものすべてが「いのち」を喜び、お祝いをしたということに由来します。

そこで「いのちをありがとう」キャンペーンの一環として、毎年4月の第一土日に池上本門寺で開かれている「本門寺春まつり」の際に、感謝の気持ちを伝えるための、お花の供養を行います。

御奉納された方々には、春まつり期間中の五重塔特別開帳にて、お名前を読み上げられ、健康をご祈念されます。

境内には、お名前を載せた特設看板も設置されます。

一口1000円より御奉納頂けます。

いのちをありがとう!!の想いを込めて「花供養奉納」に是非ご参加されてみてはいかがでしょう。

<お問合せ:03-5700-3151(朗子会館)>

わたしたちが毎日生きて行くには多くの「いのち」の支えがあります。

「ありがとう!」

「おかげさまで!」

そんな思いを声にして、ピンクのチューリップという形にして伝えあえば、相手を思いやる平和な世界が訪れることでしょう。

お釈迦様のご誕生の地で生まれたピンクのチューリップ。

花言葉は「誠実な愛」。

日頃の思いをピンクのチューリップに託して縁のある方にお互いの、いのちへの感謝の気持ちを伝えあいましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    春の球根植物を植え付ける時期は、これからです。 春にたくさんの花を咲かせたいと計画している方は、今のうちから計画を練り…

    木蓮(もくれん)の花が散る時の音は、バラバラバラっと大きな音がします。 桜の花びらと異なり、ボリュームのある花びらは散…

    月桂樹 (げっけいじゅ)ローリエやローレルとも呼ばれています。 学名をLaurus nobilisで、Laurusは常…

    別れ花とは、最後のお別れのときに棺の中に収める生花のことを指します。 告別式の後、祭壇から下ろされた棺の蓋を開け、祭壇…

    お葬式事情は日々変化しています。 その速度は1年前の情報がもう古く感じられるほどです。 変化は日々あると言っても過言で…

タグ

2019年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

このページの先頭へ