死の選択

どの宗教においても、自分から自分の命を絶つというのは禁じられています。

宗教の高い位の方が即身成仏(ミイラ)になったことは歴史上あり得ますが、現代では、断食をある程度の日数行い修行とし、死なないで(死なせないで)生還します。

毎年12月になると、自殺を選ぶ人が多くなるという統計が出ています。

死にたいという気持ちを持った人全員を「いのちの電話」をフル活用しても止めることはできません。

しかし、あなたの周囲で「死にたい」という思いを持った人に対峙することはできます。

一人一人生きることが精いっぱいで、自分以外の人の心などかまっていられないのもわかります。

でも、何らかのサインを出していることに気が付くことはできます。

まだ、「死にたいんだ」とか口に出している人は実行に移すことは少ないので、心のケア=話を聞くことでなんとかなります。

しかし、「死にたい」と再三言ってた人がそれを口に出さなくなり、実に前向きな行動をし、絶妙な笑顔を見せるようになった時には、逆に気を付けてください。

「突然」が来ます。

人の命と言うのは案外しぶとくて、刃物で手首を切りかろうじて皮一枚でつながっていて2Lの出血量があっても「仏さまが決めた命日」になっていなければ死にません。

たくさんの薬物を飲んだとしても死にません。

今の時期ですから冬山に登ったとしても死にません。

逆に助かって、後遺症で苦しむようになっています。

死ぬって、案外生きることより難しいのではと思います。

首を吊ったとしても、発見が早かったり、死ぬほどの体重がなければ、今の医学では、寝たきりで生かされてしまいます。

でも、何回も自殺未遂を繰り返して、「これではだめだ、ちゃんと生きよう」と決心して、病院を出た瞬間に交通事故で死ぬこともあります。

その人は生きることをやっと選択したのに、「仏さまの決めた命日」が来れば、命はもろいほどになくなってしまいます。

死にたいほど苦しい時は、自分の中にその思いをため込まずに、身近な人でなくてもいいです、誰かに話しましょう。

そして、睡眠薬を多少使ってもいいから眠りましょう。

そして、無理してもいいから食べましょう。死んだような毎日でも、食べて眠って、誰かと会話すれば、生きる時間にまた必ず合流します。

だから死なないでください。

死ぬあなたは、逆にいい。

残された者は、その一生の時間、「なぜ話を聞いてあげられなかったんだろう」と苦しい思いで生きていくのです。

そこから逃れることはできません。

なぜなら、あなたは、唯一無二の大切な人だからです。

あなたの命はあなただけのものではないからです。

「仏さまが決めた命日」まで、生きぬいてください。

だからお願いです。

自分から死んではダメです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    日本人は昔から、御先祖様を敬ってきました。 御先祖様を大切にする、というと何となくピンとこない現代人も増えてしまいまし…

    誰もが最期に迎えなければならないもの、それは「死」です。 全ての方が死亡率は100パーセント。たくさんの方にたくさんの…

    直葬といえば火葬だけのとてもシンプルな葬儀なので、格安で行えそうなイメージがあります。 しかし、いくら直葬といえども一…

    人が亡くなると、ご飯を炊いて茶碗に山盛りにして一膳の箸を中央に立てます。 これを「枕飯」(まくらめし)といいますが、死…

    慌ただしい毎日の中で、お墓や亡くなった方のことを思い出せずに過ごしている方もたくさんおられるのではないでしょうか。 普…

タグ

2019年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ