仏壇の居場所

久しぶりにお仏壇のお話を書いてみたいと思います。

昔の日本家屋には「仏間」という特別なお部屋がありました。

仏壇が置かれ、壁には、先祖代々の肖像画や写真が並んでいます。

基本的に仏間を、寝所にしているのは、その家のおじいさんかおばあさんという長老。

だれもいない場合は、朝晩のお勤めだけに出入りする場所になってしまっていました。

仏さまを大切にして、部屋まで作るというのは、現代ではなかなか難しくなってきました。

家族が一つ部屋で休むのではなく、子どもがいたら子どもの数だけ子供部屋が必要であり、その子ども達が成長して巣立っていっても「自分の部屋」として残されます。

仏間を作るほどのスペースもないし、中には「仏壇は場所を取るから困る」といった人もいます。

さて。

仏壇の居場所はどこがいいのでしょうか。

仏間があった時代は、仏壇が大きいのに越したことはなく、競って仏壇の大きいのに買い替えたものだと聞きます。

でも、今はコンパクトな仏壇を、言葉は大変悪いのですが、インテリアの一部として、その家の家族がなるべく多く集まる部屋に置くのが良いのでは、などと思っています。

仏様は案外寂しがりです。

賑やかなところが好きです。

いつもいる部屋に仏壇があったら、自分が食べる前に「仏様で食べてください」とちょっとしたものでも上げることができますし、お花がいつも新鮮で、見ていて心が洗われるようなものを上げることもできます。

ちょっと仏様聞いて!みたいな、もう一人の私、聞き役にもぴったりです。

例えば、女系家族で、お嫁にみんな出てしまって、実家は空き家になってしまい、お仏壇もそのままと言った場合は、お部屋に簡単な仏壇コーナーを設けるのも一案です。

昔言葉で言うと影膳です。

血縁ではないけれど大切な人を弔う気持ちがある場合もそのコーナーで手を合わすことができると思います。

手を合わす気持ちは、必ず仏様に通じます。

仏様になったあなたの大切な人も、そこからあなたのことをちゃんと見ています。

そして、あなたのことを応援してくれています。

仏間がなくても、自分で決めた場所、それがあなたの仏壇の居場所です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    さて仏壇を置く場所に決まりはあるのでしょうか。 一般的には「神棚と仏壇を同じ部屋に置いてはいけない」などといわれていま…

    仏壇が家にないという家庭も最近では珍しくはありません。 以前は家を建てたと同時に仏壇を置くスペースを考え、家を建てた時…

    自宅にある家具や、長く乗った車などは、時期が来れば新調するものです。 しかし仏壇の場合は、古くなったからといって新しく…

    さて、仏壇を購入するタイミングはいつなのでしょうか。 大抵の人が家族が亡くなったり、お墓を立てた後に購入しようと思って…

    仏壇は日本人にとって、古来からの生活の一部でした。 ですので大抵新築した時などに購入したものですが、最近では家族が亡く…

タグ

2018年11月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ