洗心道場

本門寺 花峰では、2018年度秋の彼岸会も無事に終え、いよいよ10月に入りました。

今年も残すところあと3ヵ月となりました。

さて、お山では、大人の寺子屋とも言える『洗心道場』の申し込みが、いよいよ10月8日(月)に迫っています。

すでに洗心道場を知っていて、毎年毎年参加しそびれている方。

洗心道場と言う文字を始めて見る方。

今日、このサイトで初めて目にふれたということは、お聖人様が「時は今ですよ」といざなってくれているのかもしれません。

洗心道場は、10月20日(土)から21日(日)にかけて一泊二日で行われる「修行」の場です。

私たちは、在家において、お仏壇やそれと類似するものに日々ご奉仕して、仏様と向き合っています。

でも、家において奉仕するのは「自由」という中においてです。

あと1時間したらしよう、明日からしよう。

疲れているから今日は休みにしよう。

こんな言い訳をしながら、いろんなご奉仕から手を抜いたりしがちです。

そこで、洗心道場に1年に1度参加して、完全に仏さまに浸る日があってもいいのかな、と思います。

スケジュールですが、10月20日(土)午前10時に集合します。

入行式・昼食を経て、午後からは写経行。

15時30分からは、菅野貫主の法話「お題目のこころ」をお聞きします。

続けて貫主が導師になり唱題行を行います。

夕食・入浴を経て、座談会があります。

ここで、日頃信仰について思っていることを、この日に縁が結ばれて集った仲間と語り合うのは修行、勉強の一つになるかと思います。

22時消灯。

きっと素晴らしい眠りになるはずです。

21日(日)は、午前4時30分の起床から始まります。

そして朝のお勤めをします。

皆で心を一つにして手を合わす時間です。

朝食は8時です。

仏さまに感謝してから、今日初めての食(じき)を得るのです。

それから本門寺内外の清掃行。

その後は、境内を案内されます。

お山を改めて知るいい機会です。

10時から祈祷を頂戴し、始行式、12時解散になります。

書き出したスケジュールよりも中身の濃い時間になります。

対象年齢は、16歳以上。

定員は40名。

参加費は15,000円となっています。

ご家族で参加するもよし、自分を鍛えるために一人での参加もよし。

きっと心の汚れと疲れが洗い流され、清々しい気持ちになれるはずです。

季節も豊穣の秋。

一番いい気候かもしれません。

お申し込みは、本門寺 朗子会館:03(5700)3151までどうぞ。



第10回洗心道場チラシのコピー

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    「洗心」とは、洗う心と書いて、せんしんと読みます。 心を洗うことはすなわち、魂を磨くことです。 禊という言葉に限りなく…

    もう、お申し込みはされましたでしょうか。 今年も、4月9日日曜日に、池上本門寺花祭り家族健康マラソン大会が行われます(…

    四十九日の供養が終わるといよいよ納骨を迎えます。 地域やお墓のあるお寺によっても違いはありますが、納骨式の当日には納骨…

    先日の花まつりコンサートでも大変な好評を博した「池上朗子合唱団」は、毎週土曜日に池上本門寺で練習を積んでいる子供たちの…

    お葬式から四十九日、納骨を終えると次に待っているのは「初盆」です。 毎年、お盆の季節はなんとなく分かるものの何日が盆入…

タグ

2018年10月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

このページの先頭へ