ペット合同供養会

7月22日(日)池上本門寺 池上の杜で「ペット合同供養会」が行われます。

受付けは、午前10時、法要は、11時から行います。

どなたでも参加できますが、定員は、50名で、明日7月15日(日)が締め切りです。

いまやペットは、家族です。

どんな、ちいさな命にも、仏さまが宿っておられるのです。

ペットは、仏教ではなかったとは思います。

お経も読まないし、手も合わせません。

でも、それは人間から見える姿であり、ペット=生き物は生き物で、なにかしらの仏さまに対する心を持っていると考えてもかまわないと思われます。

お手元に遺骨がある場合は、遺骨を。

お位牌があるならば、お位牌を。

思い出の品しかなければそれでも十分です。

例えば元気だったころの写真などでも構いません。

それらをお祀りして、合同でご供養をします。

家族であり心の支えであったペットの現の姿は亡くなってしまっても、心の中にある大切な思い出たちを消すことはできません。

供養というのも、思い出す一つの手だてです。

感謝の祈りを捧げるのです。

獣医さんたちや市民団体が中心となった、ペットの慰霊会はどこでも見られるものです。

しかし、日蓮聖人に抱かれる機会を与えられる意味を持つ池上本門寺でのペット供養会なのです。

天上界では、人間の住む場所と動物の住む場所は違うと言われますが、日蓮聖人におかれては、きっと「あの世」での再会を取り持ってくださることでしょう。

そして、私たちが向こうに行くまで、あの子たちをお守りくださることでしょう。

供養料は、経木塔婆を含んで、5000円です(6尺塔婆をご希望の際は、別途4000円が必要となります)。

お問い合わせは、池上本門寺 法務部 03-3752-2331(FAX 03-3752-3350)までどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    ペット愛好家の皆様にとって、家族の一員として長年過ごしてきたペットが亡くなってしまったときに、家族の墓へ一緒に埋葬した…

    都内の一等地にありながらも緑が多く立地で宗派関係なく申し込みや手続きだけで、都内にお墓を持ちたい方や「先祖代々のお墓を…

    現代では、様々な形式のお墓が建てられ、先祖代々の墓に入らず『墓友』と一緒に「共同墓」や「合同墓」に入ったり、亡くなった…

    本来、遺骨は墓地や納骨堂、寺院などで管理、供養するのが一般的です。 しかし、遠方でお墓参りに行くのが難しい場合や忙しく…

    当社運営の本門寺花峰が東京新聞(2017年10月7日付)の人気コラム「東京どんぶらこ」に掲載されました。 コラムでは、…

タグ

2018年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

このページの先頭へ