お遍路

さて今回は「お遍路」について、少しだけ触れてみたいと思います。

「お遍路」は、俳句では春の季語です。

歳時記による説明だと、四国地方にある八十八ヶ所の霊場(札所)を巡拝すること、とあります。

ふと思うと遍路笠や杖に「同行二人」と書かれ、自分以外のもう一人は誰かというと弘法大師(真言宗の祖)と言われます。

しかし、お遍路を大きく解釈した場合、同行してくださっているのは、自分の信仰している祖であっていいのだと思われます。

霊場も、一〇八と言う方もおられますし、現に四国に八十八カ所しかお寺がないかというと、もっとたくさんあります。

お遍路とは、「合唱礼拝」することによって、仏に帰命するすることを申し伝えます。

「開経偈」によって、自分がお経や教えに対して、心してこれからお経をあげることを口上します。

「光明真言」によって、悩みに光明を与えてくださいとお願いします。

「回向文」によって、自分の行った良い行い(善根)の幸徳を他の人と分かち合うことを誓います。

これらをすることであり、宗派は問わない、迷いの中で生きる人間はただひたすら歩き、祈り、眠り、また歩き始めるのかもしれません。

四国には、日蓮宗の寺院が七十七カ所あります。

どうしても、ご聖人様と歩きたいと願うならば、こちらを回るお遍路の仕方もあります。

また、全国にある日蓮宗、池上本門寺と関係深いお寺を訪ねるというやり方もあります。

今、四国八十八ヵ所のお遍路と言っても、ツアーが用意され、バスで次から次のお寺に参る人もいます。

時間はないけど、八十八ヵ所回ってご利益を得たいから、お金もあるしバスだったりします。

中には期間中タクシー貸し切って回る方もおられるのだとか!!

四国の方々は、みな親切で心根が優しく、疲れた人を、どこのどなたかもわからずに「御接待」として、休ませ、食事も与えてくださいます。

それは、仏さまとともに自力で歩いてきた人にとっての行為です。

筆者も、機会があれば、自分の足で、お遍路したいと願う一人です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    節分を過ぎ、早くも2週間が過ぎました。 ご承知の通り、暦上では2月3日節分の翌日が「立春」にあたります。 この日は、古…

    お山では、今年も無事にお会式が終わり、平穏な日常が訪れております さて、いまは食欲の秋です。 早生種の新米は、もう出回…

    お骨上げというのは、火葬が済んだお骨を骨壺にあつめることです。 お骨上げは地方によって、灰寄せや骨拾いなどと色々な呼ば…

    通夜や葬儀に参列した際、お清めの塩を帰りに渡されることがあります。 意味もわからず、自宅に入る前になんとなく塩をパッと…

    生前葬とは、通常の葬儀とは違い自分が生きているうちに自分の葬儀を行うことを言います。 自由に行うものなので、静かな雰囲…

タグ

2018年6月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ