池上本門寺の終活相談会

今や日々どう生きるかと同等に、自分の人生をどう閉じるかが問われる時代になりました。

人は生まれたからには、もれなく死にます。

その際に、周囲の人にできるだけ迷惑をかけたくない。

けれど、自分自身ではできない多くのことを残して人は死んでいかねばならないのです。

自分の死後は自分ではどうにもできないことです。

ですから、自分でできること、始末できることは生前にできるだけしておきたい。

いわゆる「終活」です。

例えば、お墓をどうするか。

ますます「少子高齢化」が進行する現在では、必ずしもお弔いを続けてくれる子孫がいる家族ばかりではありません。

すでに菩提寺があって、先祖代々のお墓があっても、それを維持していくことが難しい。

まだ、菩提寺がない。

つまりお墓もない。

結婚していないとか、子供がいないとか、そのほか実家や本家のお墓に入れない事情があるとか。

お墓にまつわる「終活」は多岐に渡ります。

それらのことを含めて、池上本門寺において「終活相談会」が開催されます。
———————————————-
終活相談会の概要

〇主催:池上本門寺法務局

〇開催日時:平成30年6月27日(水)

〇会場:池上本門寺 長栄の間(本院総受付 玄関からお入りください)

〇午後1時 受付開始

〇午後2時 終活相談会

・ご挨拶(池上本門寺 貫主 菅野日彰)

・お墓と墓石について(上信堂石材部)

・質疑、応答(池上本門寺法務部)

〇定員人数:100名(お茶・お菓子付きです!!)

〇締め切り:6月23日(土)
※定員になり次第締切り。

〇参加費:無料(筆記用具持参)
———————————————-
お墓の継承をどうするか、墓石をどうしてゆくのか。

などなど、イザという時のために決めておかなければならない事柄が沢山あります。

それは、お寺の慣習でなければわからないことでもあり、自分の生きて来た人生や家族など自分を取り巻く人間関係の事情もあり、そのちょうどいい対応の仕方をお山の専門家に聞いてみませんか。

当日は、本門寺檀家さんや他のお寺の檀家さん、まだお寺を持っていない一般の方、ご来場者すべての人に平等のお話やご相談を受けるようです。

日蓮宗ではないから、、、という思いは捨てて、奮ってご参加くださいませ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

タグ

2018年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

このページの先頭へ