「春詣」が、始まります!

春です。

池上本門寺の「春詣」が、始まります。

今年は、ずばりお釈迦様の誕生日に当たっています。

そして、きっと散る桜の中の風情も楽しめるかと思います。

まず4月7日(土)と8日(日)は、春祭りフェスティバル’18と称したお祭りが本門寺境内「桜広場」をメイン会場に繰り広げられます。

地元池上商店会が中心になった模擬店や野菜のマーケット、陶器のお店の出店などなど、様々なイベントが行われ、とても賑やかな春の日になることでしょう。

そして、7日は、「五重塔まつり」。年に一度だけの特別御開帳です。

木遣りに先導された和尚さんたちの読経に続き、導師が世界平和を祈る祈願文を読み上げます。

そして、参列者の息災延命を祈るご祈祷を行います。

その他にも、野点「星茶席」が大堂前で、池上太鼓が桜広場で行われます。

五重塔の中を見てから参加するか、催し物を楽しんでから五重塔をお参りするか。

どちらでも、ありがたい気持ちになること請け合いです。

8日は、「花まつり」です。

約2500年前に仏教の祖であるお釈迦様のお生まれになった日です。

その時、天から甘茶の雨が降り注いだという謂れがあります。

本門寺でも「誕生仏」に甘茶を注いで、お釈迦様のお誕生をお祝いします。

そして、先日まで公募されていた「花の精」と呼ばれる子供たちが、白い像の山車を引いてパレードをします。

子どもたちの身体健全や発育円満、学業増進が同時に祈願されるというわけです。

この花まつりパレードは、午後1時に、商店会から出発します。

釈尊御降誕を祝う花まつり法要は、本殿で午後2時から行われ、お山は悦びいっぱいになるのです。

その後に、花まつりコンサートも開かれます。

『花まつりコンサート』

4月8日日曜日午後3時から、親子で楽しむ「花まつりコンサート」が池上本門寺本殿で開かれます。

入場無料、全席自由で、予約も不要です。

楽しい歌と音楽で、春を存分に楽しんでみようというイベントです。

出演は、池上朗子合唱団と、コーラスグループ「水」です。

そして、この両日の他に、4月15日(日)は、池上本門寺花まつりマラソン。

4月27日(金)から29日(日)までは、千部会法要。

そして、4月25日(水)から5月5日(土)までは、恒例の植木市が開かれます。

是非、お誘い合わせて、お山に遊びに来てください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

タグ

2018年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

このページの先頭へ