鬼子母神

池上鬼子母神堂は、池上本門寺境内にある、厳定院の別院に建立されています。

お聖人様が守護神として尊崇した神々の中でも有名なのが、鬼子母神と十羅刹女です。

十羅刹女という10人の大鬼神はあらゆる世界の一切の鬼神の母であり、またその十羅刹女の母親というのが、鬼子母神なのです。

ともに、三千世界の人々の寿命を奪う悪鬼でしたが、改心して「法華経」の守護神となり、大活躍をしています。

女神であることから、ともに安産や子育て、子授けなどの祈祷が多いものですが、日蓮宗の鬼子母神には独自のものが多いのです。

それは「鬼形鬼子母神」という憤怒の姿をした形像です。

この鬼形像は破邪調伏の修法に用いられています。

この修法の様々な行儀が確立される中で、「き(鬼のてっぺんの点がない)」の字による呪字や九字祈祷法なども確立されていったのです。

「法華経」の陀羅尼品には、十羅刹女、鬼子母神とその子、並びに眷属が仏の前に来て、「法華経」を護持するものを守護するという請願を立てています。

「世尊よ、私たちもまた「法華経」を読誦し、受持する者を守り、その患いを取り去ります。

もし、受持者に危害を加えようとするものがいれば、その者は亜梨樹木の枝のように砕けてしまうでしょう」、そう述べたのです。

鬼子母神伝説では、人の子供をさらっては食べていた女鬼が、最後に食べたのは自分の子であり、それを悲しみ苦しんだことで、神に昇華したと言い伝えられてもいますが、日蓮宗では日蓮宗のとらえ方があるのです。



永代供養、墓地、葬儀の事なら 東京都大田区の寺院 日蓮宗厳定院へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    曼荼羅はインドの言葉を訳すと「輪円具足」となります。 車輪のように縁の中に一切の諸法が全て含まれているという意味です。…

    仏壇の中に安置される仏像や曼荼羅のことを指します。 御本尊は宗派によって違ってきますので、ご自身の菩提寺の宗派に合わせ…

    池上本門寺では、平成30年の豆まきを2月3日土曜日に行います。 時間は午後1時から3時30分までです。 主なスケジュー…

    当社運営の本門寺花峰が朝日新聞(2017年1月19日付)および朝日新聞デジタルの人気コラム「各駅停話」に掲載されました…

    大自然の過酷な環境で生活している動物たち。 そんな動物たちは、日々命の危機にさらされています。 弱肉強食の世界ですから…

タグ

2018年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

このページの先頭へ