おくゆかしい伽羅の香りのお線香「伽羅 永寿」

さて、今回ご紹介させていただくこのお線香は、とても懐かしい香りが、静かに広がります。

箱を開けた時、火を灯した時、「私がお線香です」という強い主張は全くありません。

これは、仏さまとの語り合いにとても適したお線香だなと思います。

今日は、お線香業界の最大手である日本香堂の「伽羅 永寿」です。

伽羅は、選ばれた香りです。

元々は沈香なのです。

お香になる木は、長い時間をかけて大地の中ではぐくまれます。

最初はやわらかく香気のない原木が、土中に埋もれ長い歳月を経るうちに、自然の術で黒色堅牢となり、香り豊かな「沈香」にまずなります。

この沈香の中でも、極上のものが「伽羅」と呼ばれるものとなります。

大いなる大自然の営みにより生まれた香木伽羅は、その高貴な香りと貴重さゆえに、昔々より「至上の宝」と珍重されています。

天地自然の「理」と「知」をそなえた伽羅の発する香気は、「邪」をさけ、穢(けがれ)を去り。

人の心魂を正しくしていく、澄み切った香りなのです。

他の香木の中には、熱を加えないと香らないものが多くあります。

沈香もそうです。

でも、伽羅は、そのまま、常温でもよい香りを発します。

沈香の含油量が最高で38%に対して、伽羅は50%を越しています。

これが、沈香と伽羅の線を引く部分です。

ただ、本来なら交わることのない水と油ですが、伽羅の中では不思議な作用をします。

全体成分の含有量が半分を超えているのに、水分も多いのです。

その配分の不思議で常温でも香るということになっているのです。

そして、さらに年月が経ち、表面が乾き、香りにのもとになる成分(油)は凝縮されていきますから、古くなればなるほど、存在する伽羅の品質は上がっていきます。

通常サイズの「伽羅 永寿」もございます。

でも、朝の忙しい時間のお勤めは、ミニ:15分でも仏さまは許してくださると思います。

あっ、今とぼれました。

とぼれる瞬間、まとめて香って、「もう安全(火の気がない)だよ」と教えてくれるような気がします。

仏さまは、忙しくしてる中でも、ちゃんとそばにいてくださるのですね。



池上本門寺 花峰 – 伽羅永寿 ミニ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    本門寺花峰オリジナルのお線香『多寳香』もまた、沈香の仲間の中に入るお線香の一つです。 池上本門寺『多宝塔』は平成22年…

    大半の樹木は、何らかの理由で表皮に傷がついた時には、自らを癒す樹液を出します。 「沈香」と呼ばれる樹木もまた、同じです…

    本日は、誠寿堂さんの「うらわかー咲く春香(さくらの香り)」をご紹介いたします。 誠寿堂さんの創業は嘉永2年(1849年…

    皆様は、お線香の香りのもとには、どんな素材が使われているかご存知でしょうか。 最近、良い香りの洗剤や、消臭剤が登場し、…

    今回は、尚林堂さんの「和響」をご紹介します。 和響は、インド産の最高級白檀をふんだんに使用して、丁子や桂皮などの漢方香…

タグ

2017年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商品のご紹介

このページの先頭へ