日蓮宗の文字曼荼羅

omandara002
暑い日が続いておりますので、皆様くれぐれも御身体をご自愛下さい。

さて、本日は先日に引き続きまして、お曼荼羅について改めて記してみたいと思います。

仏壇の中心にある「文字だけの掛け軸」は、日蓮宗では必ずと言っていいほど『文字曼荼羅』が鎮座しています。

この『文字曼荼羅』は、日蓮宗の信者の方が仏壇をご購入した後に、菩提寺から僧侶を呼んで「魂入れ」を行う開眼法要の儀式の時に頂きます。

お曼荼羅は、祖師像(通常、御祖様→「おそっさま」と呼んでいます)と共に大切なものとされています。

『文字曼荼羅』は、日蓮上人が曼荼羅の世界を初めて文字だけで表したもので、1271年に最初に書かれてから現存している物は128組あるとされています。

現在、日蓮宗の仏壇に掛けられているのは、弘安三年(1280年)臨滅度時(一般人では臨終の意味)のものです。

初期の文字曼荼羅は中永八年10月9日(通称・楊枝本尊)に書かれたもので、現在と異なり、とても簡素なものでした。

その後、文字や梵字を組み合わせ、色々と試行錯誤のうえ現在に伝わっている文字曼荼羅になった、とされています。

この文字曼荼羅には、どんな事が書かれているのか、中央に「南無妙法蓮華経」の周りに持国天や広目天など37以上の仏様漢字や梵字を使っての名前が書かれ、下に日蓮上人の花押(かおう→現代の印証のようなもの)があるのが一般的です。

日蓮上人を形どった祖師像の後ろに鎮座する、文字のみで表現された曼荼羅。

文字とはいえど、曼荼羅独特の宇宙が表されている、その先には一言では語りつくせない仏教という教えの全てが、この曼荼羅に詰まっていると思うと、とても不思議な気分になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    本日は、曼荼羅(まんだら)のお話を記してみたいと思います。 仏壇をよく見ると、曼荼羅が飾られていたりする事があります。…

    仏壇の中に安置される仏像や曼荼羅のことを指します。 御本尊は宗派によって違ってきますので、ご自身の菩提寺の宗派に合わせ…

    お墓には○○家の墓という様に、性を大きく彫られています。 しかし、よく見るとお墓に刻まれている文字には様々なものがあり…

    私たちは、朝のお勤めをするときに、自分の宗派の言葉を口にします。 日蓮宗では、『南無妙法蓮華経』ですね。 『南無』はサ…

    今回は、あらためて数珠のお話を記してみたいと思います。 法事や葬儀参列、そして日々お仏壇に向かう時、私たちの手にあるの…

タグ

2016年7月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ